• 投稿 2019/10/25
  • 観劇
雪組「ハリウッド・ゴシップ」観劇感想

今日は梅田へ。

雨でも気分は晴れやか〜〜〜。

 

なぜって、、、、

最前列ゲットでの観劇だから^^

 

今年は、オペラいらずの良席での観劇が増えて、嬉しい〜〜〜。

1、2年前まで、はSSなんて夢のまた夢と思っておりましたが、、、願えば叶う!!!みたいです。

 

なので、チケット当たらない〜〜〜って方も諦めずに申し込みし続けましょうね(ってなんの宣伝だか・笑)。

ハリウッド・ゴシップ 観劇感想。

 

別箱、咲ちゃん2回目の主演公演です。

前回のネモは、、、、まぁ、さすが谷先生!!って感じのトンチキすぎる作品で(汗)。

次回のマスカレードホテルもどうなることやら・・・・。

(こちらも3列センター当たったのに、駄作だと悲しすぎる。。。)

 

今回も先にKAATで公演されておりましたが、特に予習せず観劇しました。

 

で、一言で言うと、

 

話は普通。

トンチキにはならないけど、盛り上がりも微妙にあるようなないような作品って感じ??

エキストラだった青年がスターに上り詰めるって話ですが、闇落ち系なので、話は暗め。

まぁ、最後はほのぼのっと終わりますが、咲ちゃんって微妙に暗い話のイメージがあるような・・・。

 

主演の咲ちゃんは、スタイルの良さが引き立つスーツ姿なのは良いと思います。

幕間でもみな

「足長い〜!!!かっこいーーーーっ」って感想があちこちで聞こえてます。

でも、それ以外あまりないって、いかがなもんかな、、、と少々思ったりも。

 

私も「足長っ!!!」って思ったんだけど、、、、

 

足長い以外に感想はないのかな、ってね(汗)

 

翔ちゃんカッコ良い、

咲ちゃん足長い、

 

じゃ、いつもと変わらん。。。

 

青年コンラッドの真面目さは、咲ちゃんのそのまんまなんだろうなー。

咲ちゃんの良いところでもあるんだけど、

なんというか、硬くて、微妙に面白さにかける気がしますね。

歌もうまくなり、いい感じなんですが。。。

 

 

でも、そこに変化が出るとしたら、

潤花ちゃんかな、と。

 

潤花ちゃん、歌はやや怪しいところもありますが、声はもともと綺麗だし、演技もマシになり、今回のエステラの役はともて可愛らしかったです。

はっちさん演じるプロデューサーが

「ハリウッドには珍しい感じ、、、、キュートだ!!」

と言いましたが、本当にそのまんまの感想。

とりあえず、かわいいんですよ。

 

ひっとんの華やかさのある可愛さや、リッツでみた夢白あやちゃんのプリンセス系のかわいさとは違う、

「相手役を見つめる笑顔がかわいい」

のが印象的。

 

単体でも可愛いんだけど、相手がいるからこそ、引き立ち&引き立てる感じ??

 

 

潤花ちゃんの笑顔が可愛い → 笑顔にさせてる咲ちゃんが素敵

 

みたいな。

ライスとのデュエダンもとても良かったし。

 

 

咲ちゃんの相手は潤花ちゃんでしょうが、

意外や意外(?)、組み合わせ的には一番良い感じになるかも??と思いました。

これはこれで、結構楽しみ。

 

 

ええっと、、、やや脱線した感じですが、他感想もざっくりと。。。

 

ライバルの売れっ子ハリウッド俳優ジェリーに翔ちゃん。

これは文句なし。

オーラあり、格好良すぎです。

もちろん好みの差ですが、顔だけだったら、咲ちゃんよりカッコ良い、、、と思う。

歌は2幕からちょっと。

まぁ、ここはいつも通りですが、イケメン枠のお芝居もまだまだイケてます。

 

コンラッドの友人エキストラ、トリオで出ていたのは、レオ君、縣君、ウェンツの3人。

縣君は、やっぱり目立つなー。

ダンスとか、近くでみるとやっぱりカッコ良い。

でも、ちょっとあった歌の場面でも、まだまだ頑張らないといけない感じはありましたね(汗)。

 

ウェンツは結構出てくるな〜。

イケメン枠でこれから出てくるかな。歌もダンスも悪くないですしね。

 

 

専科に移動してから、連続出演のみとさん。

往年の大女優役ですが、、、これは雪組時代からだとなかなか珍しい配役かと。

もうちょい若い娘役でも良いと思うけど、思ったより悪くないか。

最後、恨んでたジェリーが重体になった時、咲ちゃんが後ろから抱きしめて慰めるシーンはとても良かったです。

 

娘役、二番手格のかわい子ちゃん役的な感じはなかったですね。

(お芝居でも言われてたけど、いいキャラしてたのは、キャビー。)

 

 

 

咲ちゃん、もう一皮むけるといいなー。

悪くないけど、トップがもう目前に見えてきたので、もう少し頑張って欲しいなと思いました。

次回、大劇場では、どうなるのって映画の舞台化。

こちらでも期待してます。