雪組「ONCE UPON  ITIME IN AMERICA」新人公演 観劇感想

今日は雪組の新人公演へ。

 

前回の壬生義士伝で、あみちゃんに注目してから、どーしても観たかったんですよね。

ご縁があり、観劇できることになり、嬉しい。

 

さらに、端席だけどかなり前方席だったので、なお嬉し^^

 

ONCE UPON ITIME IN AMERICA 新人公演の感想

 

主演は99期 諏訪さき

 

主演は、すわっち。

新公主演は初、99期でラストチャンスを掴みましたね。

 

発表された時は、意外とは意外だけど、、、

歌えるし、安定しているので、安全パイの配役な感じだなと思いました。

 

で、感想は、

安定してる。

 

ただ、歌はやっぱりかなり難しいんみたい。

高音は良い感じですが、低音がやや厳し目。だいもんの歌声に慣れてると、声の伸びがちょっと足りないと思うことがありました。

とはいえ、十分。

落ち着きと安定感は抜群です。

やっぱり別格感だけど、頼もしいですね。

 

挨拶でも、

「今からでも東京公演に向けて練習したい」

ってかわいいなと。

感極まって言葉を詰まらせてたりもありましたが。

 

そういや、花組のほってぃもカサノバで同じようなこと言ってたな〜。

 

 

ヒロインは次期ほぼ確定の潤花ちゃん

 

ハリウッドゴシップが良かっただけに、、、今回はうーん、、、、微妙。

歌は、まあやと比べたら、こんなもんかな〜とは思いましたが、役作りがなー。

 

ハリウッドゴシップの時と同じ感じ

悪くないけれど、既視感というか、「役幅狭い・・・??」と思ってしまいました。

 

演出上、幼少期をほぼカットしているので、三世代の役の演じ分けはなく、若い時と年取ってからの二世代だけ。

まあやは三世代の演じ分けが素晴らしかったけれど、潤花ちゃんは、年老いた時の役の使い分けがあまりなく、一本調子で。

かわいいし、ハリウッド女優感はあるんだけど、もう一歩と思いました。

はっちゃけて、感情の起伏が激しい役はやれるのかな〜・・・。

 

 

二番手マックスに縣千

 

あがちん、本公演では、脳筋系の役多めですが(笑)、今回結構いい感じでした。

体格の良さと色気があるのがいい。

今回のキャロルに絡むシーン、間近で観たもんで、ドキドキしちゃいました(笑)。

歌も思ったほど悪くはないです。

 

 

キャロルは娘役の方がいいかも

 

キャロルは彩みちる。

本公演では男役のあーさが演じてますが、私が観た分にはオカマ度が高かったので、、、娘役のみちるの方がいいなと。

かわいくて、小悪魔感があって、男役とは違うセクシー感が出て良かったです。

 

ただね、みちるの演じるキャロルを観てさらに思ったのが、演出の悪さ(汗)。

前半はもっと裏のありそうな感じで、ぞくぞくしたのに。結局、マックスに依存してるだけの女性なのが残念だなーと思いました。

 

 

注目のあみちゃんはやっぱり上手!

 

前回の壬生義士伝から大注目の彩海せら。

あみちゃん、声の出し方、さらに良くなってますね。

ラスト老年期、腹黒感もあり良かったです。

もともと歌うまだし 、やっぱり今後も注目だわ(嬉)。

 

 

 

あと、前回からより注目しているかりあん。

ニックは爽やかでした。

もっと目立つ役で観たかったなー。

 

本公演より印象が薄くなったなーと思ったのが、コックアイとパッツィー、

ウエンツ(眞ノ宮るい)と一禾あお。

格好良いけど、、、学年差らしい可愛らしさの方が強めかな。

やっぱり本公演の存在感はあるのね、、、。

 

個人的には、イタリアマフィアのフランキーの壮海 はるまが、渋さがあっていいなと。

ジョーの麻斗海伶も。

背も高いし、今後別格としていい感じになりそう。

 

あと、ハバナの女性のエヴァはえらく、南国のお姉ちゃんのある感じでなんかおかしかったです(笑)。

 

 

 

主役のすわっちの実力があるので、難しいながらも安定感のある舞台だったと思います。

新人公演らしく、セリフの間違いはちらほら。

あとねー、インフェルノでヌードルスとデボラが再会する場面、二人が銀橋に出るところで幕が降りるところ、大道具さん(?)の声がめっちゃ聞こえたことに、うーん。。。

「後ろさがってー」ってめっちゃ聞こえて萎えたよ。。。

 

 

今回も、本公演の良さ、新人公演らしさも楽しめる良い公演でした。

最近の新公は数年前に比べると、実力に「???」と言う主演が少ないなーと思いますね(笑)。

 

 

次回の観劇は来週。

楽しみです。