月組「出島小宇宙戦争」観劇感想

今日は梅田へ。

 

月組の出島小宇宙戦争を観てきました。

なかなか手に入らず今回は無理かなと思っておりましたが、1桁センターが回ってきたので、無事に観劇することが出来ました。

ラッキー^^

 

出島小宇宙戦争 感想

 

タイトルからして、どう考えたって、トンチキ話だろうと思っておりましたが、、

やっぱりそのまま、不思議??いや、結構トンチキでした(笑)。

 

谷先生、バウのデビュー作は話の内容も素晴らしくて。

その次の義経は微妙に話をまとめられず、ただ見た目は素晴らしく、

今回は、、、義経よりはマシかなと思うような、でも話を広げすぎて、終わりがあっさりというか、慌ててまとめたと言うか。

風呂敷広げすぎて、畳みきれなかった感はあります。

 

話はテンポよく進んで行くし、ストーリーは一応筋は通ってます。

でも、ちょっと、前半の前ぶりを考えると、もうちょっと話に深みがあっても良いんだけどなーとか。

駆け足で終わらせちゃってるので、ツッコミ入れながら観てました。

 

あと、谷先生、毎回ファンタージー設定しか書いてないんですよね。

 

アンドロイドとロボット博士、

義経と妖狐(?狐の精??)、

人間と宇宙人、

 

まともなカップルの話書いてないし(笑)。

 

 

全体的に、キャストに助けられてます。

キャストの並びが素晴らしくて、

そこに救われて、楽しかった!良かった!!!ってなってます。

 

 

幕間も、面白いほどに

「ちなつさんがカッコいい」

「海ちゃんが可愛すぎて」

と言った、ビジュアル劇褒めの感想があちこちから聞こえてきました。

 

私も、

「ちなつ&ありちゃんが格好良すぎ!くらげ激カワ!おだちん存在感すごすぎ!!!」」

とラインを送りまくり(笑)。

 

並びが美しすぎて、これぞ宝塚を観にきた〜って感じ。

宝塚らしい華やかさと、その世界観を保つ実力もあり、楽しかったです。

 

みやちゃんのアンカレでも散々同じ感想でしたが、

「トップ不在の別箱の月組こそ、ザ宝塚」状態って、どうよ??

って思うんですけどね。

でも、事実、夢心地に美しかった・・・。

 

では、個々の感想を

 

カゲヤス(鳳月 杏)

ちなつさん、めちゃめちゃカッコ良かったです。

カッコ良いだけじゃなくて、品があって、かわいらしもあって。

衣装の着こなしも素敵でした。

 

くらげとの組み合わせもとっても良かったし、大劇でパパママ役やってたなんて、信じられない(笑)。

 

 

タキ(海乃美月)

こちらも、めちゃくちゃ可愛かったです。

大人っぽさもありつつ、嫌味ないかわいらしさがあって、、、。

↑嫌味ない、癖がないってのが重要だと思う(笑)

 

なぜ、くらげをトップにしなかったんだ・・・!!!

と毎回思っておりますが、今回も大いに思いました。

 

だって、激かわなんだもん。。。。

 

れいこ、みやちゃん、ちなつさん、どんな男役さんと並んでも綺麗で合うし。

本当にもったいない・・・・。

月組だけじゃなくても、くらげの方が良いだろうって子がトップになってるのを観ると、なんだかなぁって思います。

 

リンゾウ(暁 千星)

裏に気持ちを抱えた幼馴染の役、裏もあって、良い感じでした。

ありちゃん、どんどん格好良くなってますね。

ただ、銃で打たれた後の場面は、、、、あれは演出悪いなと思いますがね。。。

 

 

シーボルト(風間 柚乃)

存在感たっぷりなおだちん。

今回のお芝居も素晴らしかったです。

迫力あるし、変人っぽいやばさもあって。

お芝居は本当にすごいわ。

 

ただ、お芝居だとその場を飲み込むくらいの存在感だし、カッコ良さもすごいんだけど、フィナーレだといっぱいいっぱいな感じがするんですよね。

ちなつさん、ありちゃんの横に並ぶとスタイル負けしちゃうのもあり、魅力半減。。。

ショーのカッコ良さが課題かな。

 

花組の聖乃あすかがバウ主演決まったので、月はおだちんだろうな。

がっつり人間味のあるお芝居が観たいですね〜。

 

 

前回新人公演をした英かおとは、裏のある人物。

ありちゃんより顔ちっちゃくて、頭身バランスにびっくりしながら観てました。

新人公演でも思ったけど、月組、背が高くてスタイル良い子多いですよね。

今回もスタイル良い子たくさんだわーと。

 

娘役転向の蘭世恵翔は、メイドの役。

色っぽい雰囲気ですが、セリフは少なめ。まだおかま感は強めかな。

 

相変わらず、美味しいのが師匠タダタカ役のるうさん。

舞台を引き締めていて、良いですけどね。

ってか、じいちゃんのタダタカとタキが恋仲だったって設定は・・・・。

悪くはないんだけど、若谷先生らしいな〜〜と思ったり。

 

恋愛のベクトルが微妙にどっち向いてるのかどうなのか、読みにくい終わり方にするのがね。。。カップルになるんだろうけど、わかりやすく結ばれるって感じにあまりしない気がします。

別にそこはぼかさなくても、、、って思うんだけど。

 

 

フィナーレはとってもカッコよかったです。

くらげセンターの娘役のダンスから、デュエダンも素晴らしかったし。

リフト、軽やかに持ち上げられるの良いですよね。

花組のマスカレードホテルであきら&ひらめちゃんのリフトも軽やかでふわっとして良かったなー。。。。

(カレー&華ちゃんは、よっこらしょー感が観ていてドキドキするし・汗)

 

続く、男役群舞もきれきれでカッコ良かったです。

 

 

かなり満足の舞台でした。

続く、月組の大劇場公演は、、、どうなんでしょうねぇ。

和物ショーだし。。。

(観るつもりはなくても、ヘルプで駆り出されそうだなー・・・・・。)

 

 

次の観劇は星組の新人公演です。

こちらはあまり見所が無さそうかなー。

極美くんを愛でに言ってきます(笑)。