雪組 fffフォルティッシッシモ〜歓喜に歌え〜 観劇感想

久々の更新です。

 

ちゃんと(?)観劇はしてるんですが、日記に書く気力が起きない日々があり、、結局感想を書かずに日がすぎてしまってました。

 

ですが、、、

コロナ渦の中、日々の不安が増す日々でも、この舞台のエネルギーは文字として起こしたい。

と思い、徒然ですが、感想を書きたいと思いました。

 

 

fff フォルティッシッシモ 歓喜に歌え 感想

 

うえくみ先生作品で、題材がベードベン??

タイトルが発表された時、悲劇しか重い浮かびませんでした。

 

ですが、中身は全然違っていました。

 

じゃぁ、苦難を乗り越えた生へのエネルギー溢れる作品かというと違う。

 

善悪で分けられるものなんて、世の中少ない。

うえくみ作品は、そういった世の中の複雑さ、人間の複雑を表してるなと思うことが多いです。

でも、そこのこうだという決めつけはなく、よりシンプルに、みたままを表していて。

だから、人間の骨組みが浮き彫りになるというか、、、強いメッセージ性があり、観劇後にあれこれ考えてしまうんですよね。

 

考えるのが楽しい、それがうえくみ作品、かな。

私にとっては。

今回も、観劇後に、あーだこーだと語るのが楽しい作品でした。

 

話は過去と現在、さらに夢と現実が入り混じるので、ちょっとややこしいかなと思うことはあります。

 

でも、過去と現在を織り交ぜることで、ベートーベンの人間性を裏付けられることで、彼の言動を理解するのにはわかりやすいなと思いました。

なぜ、自由主義者として、平等に拘り、貴族に雇われることを嫌っていたか。

しかし、不平等を憎みながらも、上流階級による善意、庇護により、今の自分はいる。

彼はそこは見えていない。

いや、みようとしてなかった。

 

そこを敬愛するゲーテに指摘されてしまう。

 

ゲーテの翔ちゃん、達観していて、よかったですね。

ナポレオンとベートーベン、天才二人に、冷静に見た上で意見できるという大人の男性。

なんか、立場のかぶっちゃって、ぐっとくるものもあります。

 

 

ベートベンだいもんは、似合う、の一言(笑)。

思い込んだらこう!!みたいなところが、普段こうなんだろうなぁ〜って思っちゃう。

音が聞こえなくなって苦悩するというよりは、エネルギーに溢れてる姿が印象的です。

でも、そのエネルギーを前面に押すというだけじゃないひねりは、うえくみ先生らしいな。

 

 

ベートーベンの物語に、2番手としてナポレオンをどうもってくるんだろうと思いましたが、、、そうきたか。。。

 

ナポレオンは、ベートーベンの心の友(笑)。

 

ここは、、、ツッコミ入れる人はあるのかな。今日の同行者は結構突っ込んでましたね。

特に、ベートーベンの死際にナポレオンが入ってくるの、ちょっと急展開すぎると(汗)。

まぁ、1幕だからね。。。。

 

ナポレオンの咲ちゃんはカッコ良かったです。

皇帝、絶対的天才たる、存在感もちゃんとあって。

 

 

個人的には、、、息を飲んだのは、、、、あみちゃんの青年ベートベン。

だいもんそっくり!!!

表情、台詞回し、全てが若かりし頃のベートーベンだいもん。。。。

 

あれ?だいもん・・??

と思ってしまうくらい。

 

あみちゃんファンとしては、今後がほんとに楽しみです。

 

 

 

ここからネタバレ あり

 

まあやの謎の女。

事前に観た友人から

「トートみたい」

と聞いていましたが、、、確かに、半分はそんな感じですね。

 

 

謎の女とは、人の不幸の化身。

でも、そこに絶対的な強さは実はなくて。

この不幸も未完成なもの。

最初の方は笑い声も高らかで、強そうだったけど、ラストで思うのは、実は弱く小さな感情。。。

 

ベートベンにより、自分の存在を受け入れられたことにより、この「不幸」は生まれ変わります。

 

「不幸」を受け入れることで、人は「運命」を生きる。

 

 

喜びもかなしみも、全て受けいれるのが運命。

だからこそ、歓喜を味わえるのだ。

 

 

不幸は排除すべきものでも、乗り越えるものでもなく、受け入れるもの。

受け入れることで、運命となり、人は喜びを味わうことができる。

 

私の語彙の無いことばと、浅くなって申し訳ないんですが。。。

本当はもっと深いです。

 

 

今のこの時代にふさわしすぎるくらい、強いメッセージがあって。

人間とは、もっともっと強くなれる。

乗り越えろ、とかそんな言葉よりもっと強く、響くものがありました。

 

 

 

あー、、、、難しい。

もっともっと、回数を重ねて見たら、語彙増えるか(汗)。

(いや、増えないだろうけど。。。)

 

 

こんな状況で、観劇も危うくて。

次の観劇は少し先になるので、観られる保証はないけど、、、次見れたらもっともっと目に焼き付けて。

たくさん、たくさん味わって感想もかけたらなと思います。