ケイレブ・ハント3回目の観劇、行ってまいりました〜。

 

しつこいようですが(笑)、備忘録だしね。

観劇感想いきますよー。

 

ケイレブ・ハント完売御礼、本日も立ち見出てました。

オリジナルものなのに、素晴らしいですね。

 

すごーい(パチパチ)

 

 

今回は特別にお取り次ぎしてもらい、ちょっと前方で見てきました。

っていっても、S席ですが・・・。

今までお取り次ぎしてもらっても、割とがっかりS(S席後方)が多かったので、

オペラなしでも、ある程度おあ顔が見えるのは嬉しい。

歌声も地声がちゃんと聞こえるし。

 

そんな状態でも観劇は。。。。

 

ちぎさんを追いつつ、雪組の下級生中心を目で追う(笑)。

 

雪の下級生チェック

 

今回の配役で、一番注目なのは、縣千ですよね。

なんと研2で、探偵事務所の仲間の役。

 

セリフは単調なので、正直上手下手を推し量るのは難しい。

でも、、堂々たる姿で舞台にいることはわかる。

ガタイもいいから、見栄えする。

 

素化粧だと、すっごい綺麗なのに、汗くさそうな暑苦しいアメリカ人だったので、

「えー、もったいない」と思いつつ・・・。

役作りとしては、完璧です。

 

新公では、カズノ役。

他上級生を押しのけて、ですね。

うわぁぁぁぁ、観たい(涙)。

 

 

次は、、、

ショーで翔くん達、雪組イケメンが揃うゴーストバスターズ。

イケメン揃えてきて、その中に若手で選ばれたの諏訪さき

 

私の中では、伯爵令嬢のジーノの印象が強いな。

個人的には、お顔がまるいのが、ちょっとですが・・・。

 

 

あと、

お芝居ではひったくり犯という、やや悪い役でしたが、

ショーでは最初のジュークボックスをいじる若者で、

ひとことペアで出てきた、陽向春樹

 

パンフレットの写真はね、なんか微妙なんだけど。

(色黒くぬりすぎじゃ?)

 

実物は顔めっちゃくちゃ小さくて、びっくり。

オペラで見ながら「ちっさ!、ちっさ!!」と心で叫んでおりました(笑)。

 

 

そして、若手の中ではやや上だけど、

お芝居でマクシミリアンの部下の1人で

黒塗りでダークな色気を出していた、叶ゆうり

セリフはないけど、悪役風情が出てて、存在感ありました。

 

れいこボス(マクシミリアン)と、部下トップのあすくん、相方のまちくん、

悪役の割に優しい感じなので、黒塗りとあの目つきが目立ちます。

色気もあって、いい。

 

でも、もう新公学年だと上で、役付き的には微妙よね。

好みなんですが・・・・。残念。

 

 

 

今回見て、

れいこのマクシミリアンは、だいぶ馴染んできたと。

初日は、悪役風情が足りないと思ったけど(性格の良さからね)

アデル(沙月愛奈)との絡みで「なにぃ・・・(怒)」ってセリフとか、

ドスが効いてきたし。

 

ただ、何回見ても、殺され方があっけなさすぎて。

路線なのに、小物的殺され方じゃん(涙)、、、なんて・・・。

 

正塚作品だけに、覚悟してみたのに

 

「セーフじゃん?!GJ正塚せんせ!!」

 

って声は多いのに、

ここだけはれいこを立ててくれよーって思ったり。

って、組替えだから、餞別的場面?と深読みしたり。。。

 

話はそれますが、、、

次回の花の金色の砂漠は、感動必至の上組作品。

でも、トップ3人の誰かが死ぬであろう・・・(笑)。

 

やっぱり、タルハーミネ(花乃まりあ)かな。

んで、白い衣装で最後出てくるとかね。

 

なんて会話をまくまで 友達としてたりしてました(笑)。

 

 

っと、話を戻して、、、、

 

そうそう、れいこ。

打たれて倒れて、死ぬ、ハイ終わり!!!

はね、ちぎみゆファンとしても、ちょっと物足りないですわ。。。

 

 

次は、また来週観に行きますので、それまでもう少し、雪若手をチェックしておきます!