観劇から1日。

ちょっと時間経ってから、観劇の感想を振り返ってみます。

 

他の方の観劇感想などを見ていると、

「上田先生がおっしゃっていた、、、」

 

と作品の思いなどを書いている方がいらっしゃったので、

改めてパンフを見直しました。

↑おそっ!!!

 

そしたら、、、、

ちゃんと書いてありました(汗)。

 

「明日海と花乃には、狂気的な恋物語が似合う」

 

「涙してもらう物語ではない」

 

「共感や同情の涙とは違ったところで、非日常を感じてほしい」

 

 

なるほどー。。。

感じ方は、間違ってなかったとちょっとほっとしております(笑)。

 

 

また、

「主役の2人は理想的人物ではなく、周囲を置き去りにして、自分の世界に突き進んでいくキャラクターで、こういった役を主役にするのは難しい」

 

王道が好きな私には、ちょっと見慣れない世界。

1回では受け入れられなかったってことですかね・・・。

 

 

 

2人をイメージしたとありますが、みりおさんのための作品だなと思います。

愛と憎しみ、一つ間違えれば、大きく変わる紙一重の不安定な儚さ、

身分低い奴隷でありながら、誰よりも光を放つ誇り高き姿は、

みりおさんだから出来ると。

 

なので、友人が言った

「みりおさんの代表作になると思う」

という言葉は、納得ができます。

 

ただ、ビジュアル的には完全なんだけど、

かのちゃんが役についてけてないのかな。

 

彼女の役は明るい可愛い役の方が断然あってますしね。

女性として共感もしにくいし、非常に難しい役なんだと思います。

 

でも、まだまだ初日あけたばかりですしね、

(ムラの初日は公開舞台稽古だし・笑)

今後の伸びに期待したいと思います。