双頭の鷲の後、一旦帰宅し、

家事を済ませてから、またムラへ。

 

「金色の砂漠」の新人公演に行ってきました。

 

バウでも「一度戻ってから〜」と話しして、

新公入れてるんだろうなーって人がたくさんいました。

 

 

オリジナルといえど、完全トップの当て書きの作品。

難しいだろうけど、どうなるのかなぁ〜と楽しみにしておりました。

 

ギィ(綺城ひか理)

 

みりおさんの当て書きの作品。

元から分が悪い作品での新人公演ではありますが、、、、それでも、麗しい奴隷の役を演じてました。

歌も安定しているし、高音がちょっと厳しい時もありましたが、丁寧に歌ってるし。

狂気という部分はさすがに難しいけど、十分だと思います。

 

 

タルハーミネ(城妃美伶)

 

かのちゃんと比べると、だいぶ落ち着いた王女だなというのが印象。

ビルマーヤと性格の差がないような気がしました。

かのちゃんの高い鼻にかけた声が高貴の現れかというと、微妙という意見もあるとは思いますが、ただスラスラしたセリフもやや味気ないかなぁと・・・。

 

音くりちゃん演じるタルハーミネ幼少期が、かのちゃんと同じ感じの高ビーな姫だったので、そこからつなげると「えらく、落ち着いたな」なんて思ったりしました(笑)。

 

あと、しろきみちゃんはやっぱり大きいですね。

テオドロスとの並びは、「あれ?こんな感じだっけ?」と。

 

歌のハモりも綺麗だったし、全体的にはあかさん同様、悪くはないんですが、

やはり、難しい狂気の恋物語。

本公演でさえも、公演しながら徐々に役を深めていってるところですからね、しょうがないですね。

 

 

ジャー(亜蓮冬馬)

 

お顔がアラブな感じでそこはいい。

キキ(芹香斗亜)が和風なので、亜蓮君の方がイメージはマッチしてるかな。

歌も上手でしたし、まとまっています。

 

 

ジャハンギール(飛龍つかさ)

 

回想シーンでもやっているので、まんま王様!

かっこいいし、威厳もあります。お上手です。

 

 

テオドロス(帆純まひろ)

 

本公と同様に麗しい王子ですね。カレー(柚香光)さんとも似てるし。

 

お芝居はやや硬い気はしましたが、

今回は今までよりも前方席だったからか、

テオドロスのセリフと歌が、本公演よりも聞き取れたのはなぜしょう・・・(汗)。

役者の差か、席の差か。。。

 

 

ビルマーヤ(朝月希和)

 

つかさくん同様、お上手!!!

心優しいビルマーヤ王女でした。

ジャーとの歌もよかったし、本公演もできそう。

(ベーちゃん好きですが、彼女がやるのもあり、とも思えます)

 

 

プリー(聖乃あすか)

 

注目してたんですが、、、思ったより目立たなかったかな。。。

役のせいなのかもしれませんが。

お芝居もまとまっていたので、特に問題はないんですが。

 

 

 

あとは、、、

ピピの優波さんは、お上手でしたね。

専科の英真さんの役ですが、重厚感もちゃんと出してて、よかったです。技巧派にすすむのかな?路線よりもあってると思いますね。

 

音くりちゃんは、まんまお子様タルハーミネ。

可愛いし、ちびっこ王女感もあるし、また存在感もあって目を引きます

だからこそ(?)、ギィの幼少役の華優希、がんばれって感じ。

綺麗でしたが、娘役とはいえ、もうちょっと男の子の声を出して欲しかったなぁ。

 

ゴラーズ(千幸あき)はもうちょっと笑を誘って欲しかった。

いい人感は結構でてるんだけど、

たそゴラーズは、笑いを誘うから、あの癒しがでてるんだなぁと思いました。

 

 

あ!

カゲソロは咲乃深音が、2箇所歌ってましたが、

やっぱりめっちゃうまかったです。

「うまいなぁ〜、誰だろ?」

と思ったら彼女で。

雪華抄でも、癒しのコーラスを歌ってますが、さすが。

エトワールも近いだろうな〜。

 

 

個々の感想はこんな感じです。

 

雪の新公とは違い(笑)、

びっくりすることも、つっこむこともなく、

よくまとまった公演だったと思います。