本公演は2週間ぶりの観劇。

 

先週、新人公演を見てから、初の観劇なので、

新公のことを振り返りつ、比べて観るのも面白いですよね。

 

さてさて、今日はどうだったかというと・・・??

 

カレー(柚香光)さん、セリフが聞こえてきたよ。

 

テオドロスのセリフがいっつも聞き取れなかったんですが、今日はちゃんと(笑)。

 

シャハンギールにタルハーミネ助けるよう掛け合う場面では、

早口だったのが、今日は聞き取りやすく、またお芝居としても深みが出てきてました。

 

感情が薄めだし「噛みそう・・・」と心配しながら観てると、

せっかくの場面も感情移入できないんですが、

今日は場面をしっかりと締めてましたね。

 

その後の歌は、まぁ、もうちょっとだけど。

だいぶ良くなってます。

(ムラ千秋楽1週間前、というのはツッコミありですが。。。)

 

 

ジャーはやっぱり優しい方がいい。

 

つかさくん(飛龍つかさ)がやっていたジャーは、どちらかというと強い感じ。

キキ(芹香斗亜)のジャーは穏やかで優しい。

 

私は、キキのジャーの方が好きなんですが・・・、

たぶん、ビルマーヤとゴラーズとのバランス的に優しいジャーがしっくりくると感じるからだろうなと、改めて思いました。

 

ゴラーズ、ジャー、ビルマーヤ、みんな優しく、誰かを想い合っている人たち。

空気感がね、同じだから、見ていてそこだけでもストーリーが出来るんですよね。

 

奴隷という立場じゃなく、ジャーという人柄が、

愛する人を想って側にいることを選んだことに納得できる。

 

ここに、ジャーががシャキッとしてたら、、、うーん、ちょっと違うなぁ(笑)。

 

 

タルハーミネもいい感じ。

 

タルハーミネの花乃ちゃん、どんどん良くなってますね。

ヒステリックな感じじゃなく、「高貴」な姫に。

 

前回観たときは、

姫になろうとするがゆえに、奴隷を愛することを許せない感がありましたが、

今回は姫ゆえに許せない、という感じに。

役をものにしてきた感があります。

 

 

こうなってくると、ラストの階段を上るシーンが、本当に2人幸せそうで、ぐっと涙を誘います。

歌も綺麗に響いていますし、あー、ラストかぁって思うと感慨深いですよね。

色々意見はありまうすが、良くなってきているのに、もったいないなとも思います。

 

 

千秋楽まで1週間。

私は後1回観劇です。

 

今日も立ち見でてました。

昨日も出てたそうなので(友人談)、チケット戻りは出てたものの、結構伸びてきてますね。

オリジナルものは苦戦するのに、大健闘じゃないですか??