年内観劇予定も終わり、暇です(笑)。

 

雪の千秋楽ライブビューイングもありますが、、、

観たいところが見えないとなると、テンションが上がらずなのですよね。

退団公演は観たいけど、まぁいいや、的な感じ。

 

タカスペは、興味が薄くてチケット奔走もしておりません。

 

それよりも、来年の全ツのチケット確保に悩み中(笑)。

 

 

そんな日々なので、今はヅカはDVD鑑賞がメイン。

 

昨日は

ヴァンパイア・サクセションを観返しておりました。

 

ポスターをパッと見しただけだと、シリアスなのかなぁと思ってたら、半分コメディだったという、良い感じの裏切りのあるお話(笑)。

 

キャラがみんなマッチしてるのか、いい舞台だなと思います。

 

真風さん、イケメンなんだけど世間外れ(?)な青年は、ギャップ萌えだし(笑)。

そらくんも、かわいい大学生で、子犬感がたまらんし。

 

まどかは、まんま女子大生。可愛いです。

 

そして、特にこの舞台が良いなと思ったのが、愛ちゃんとうららの役が妙にマッチしてるところ。

 

愛ちゃんは、ちょっと頼りない感じのエリート新聞記者ですが、これいいですね。

ちょい抜けてる感じ位が、合ってる。

おバカすぎるのと、頑張ってる感がありすぎて、微妙なんだけど。

うーん、微妙って思うことが多い愛ちゃんですが、これは上手だなと思ったので、役があってたんだろうなと。

 

そして、うららがスパイス効かせてます。

ヤンキーっぽいの、似合う(笑)

メランコリックジゴロのルシルも系統は似てるけど、こっちの方がいいなと。

 

歌も少ないので、キャラだけで観れるのも大きい(笑)。

 

最後、真風さんに「アップグレード!!!!」ってセリフは、

ベロベロバーしてんじゃないかって位のドスの効いた声は、大ウケだし。

 

これは、ストレスなく、純粋に楽しく観ることができます。

 

 

まぁ、今回は、大学生とおじさん(汗)と設定していることで、

真風さんとまどかの並びの悪さをカバーしてますが、

他はどうかなといったところはありますが・・・。

 

組替しないのかな。。。