今日は急遽追加チケットを取ってムラへ。

午後は阪急交通社の貸切公演でした。

 

当日券のカウンターをチラッと覗きましたが、

チケットは苦戦してる様子。

 

空いてる席が蛍光ペンで記しつけてあるようですが、チラッと見ただけでも、

「うわ、、、空席多っ」

って感じ。

 

開演のアナウンスがあっても、結構空いてましたが、

直前にはそこそこ埋まったのでほっとして(笑)、

後ろを振り返ると。。。

 

B席の上手が、四角にがっつりと空いてました(驚)。

 

S席とかはほぼ埋まってたんだけど、

「空席固めたの」ってくらいにぽっかり赤い空間が・・・。

 

うーん、日曜だけど、大丈夫??

来週は平日観に行きますが、どうなんでしょう。。。

 

 

 

さてさて、前回は1ヶ月ぶりの観劇とあり、

ストーリーや、ジェンヌさんを追うのに必死でしたが(月組が一番知らないから)、

 

今回は1週空けずの観劇ということもあり、前回よりは少し冷静に観れたかも(笑)。

 

 

グランドホテル感想 2回目。

 

ここだけは、前回と同じ。

今回も思います。

 

トップは誰だ??

 

劇中の存在感で言ったら、、、ちゃぴが一番かも(汗)。

ソロとか迫力あるし。

 

 

最後、男爵の魂(?)とエリザベッタが踊る場面も、

ちゃぴリードしてるし。。。

キスシーンも、ちゃぴからしてるような感じだし。

 

ストーリーの中心は、みやちゃんのオットー。

まぁ、本当ならオットーですしね。

男爵にスポットを当てても、しょうがない。

瀕死の状態から、希望を得て、出て行くんだもん。

ハッピーだし、オットー&フラムシェンの場面も、そりゃ印象強くなるって。

 

男爵は、一番表には出てくるんだけど、どうも印象が弱くなります。

 

 

なので、ヅカを観劇してるのに、

なんか普通の劇団のミュージカルを観た感じがするんですよね。

 

 

たまきちオーラがどうのこうとっていう人もいるかもだけど、

これは、配役がやっぱり無理があるのでは??と。

宝塚ならではを楽しむには、微妙かなぁ〜。

 

 

最後の最後、グランドホテルを出ていくちゃぴと、

魂のたまきちが回転扉ですれ違うシーンだけが、救いかな。

お互い白い衣装で、

同じタイミングで、一瞬時が止まる演出は、好きです。

ってか、それがないと、たまきち、報われないですし・・・。

 

 

グランドホテル観劇感想、歌うまが一人欲しい。

 

 

たまきちは、お歌はもうちょい頑張れー。

ちょっと歌詞が聞き辛い。

 

みやちゃんは、死にそうな役なので、まぁそこはいいやとスルー。

 

わかばは、、、今日はドキドキして聞いてました(笑)。

初回の観劇は、危なっかしいけど、まぁ、頑張ってるしって思ってスルーできたのかも(汗)。

観慣れてくると、、、厳しいかな。

来週役替わりするので、その後の伸びに期待、でしょうか。

 

ありは、悪くはない。

アーサも悪くない。

でも、うまくもない。

 

 

ってことで、、、

メインキャストで歌が「上手いなー」って人が欲しい。

 

歌は、一番ちゃぴが歌えてます。

上手ですけど、でも、歌で魅せるのとはちょっと違う。

 

 

及第点すれすれで、セーフって感じがどうしてもしてしまうんですよね。

もう、完全アウトなら、フォローもあるんでしょうが。。。

(ちぎさんのお歌にだいもん、とかね)

 

 

2回目観ても、

どうもグランドホテルの宝塚的な部分での「魅力」が分からないんです。

これは、

配役の問題?

演出の問題?

私の感性の問題(汗)?!

 

前も思ったけど、

せっかくのお披露目なんだし、

もっとたまきちを立たせてあげようよ、、というのが思えるんですが、、

これって、私だけでしょうかねぇ・・・?