月組「グランドホテル」新人公演 観劇感想

月組の新人公演「グランドホテル」

 

今回の主演は96期の夢奈瑠音。

新公最後で、初主演です。

 

 

実は、今回、チケットは取ったものの、ノリノリで観劇の予定ではなかった私。

子供の預け先がギリギリまで調整できず、

チケット譲ってしまおうかなと思っていたのですが・・・、

 

予想以上に良かったです、今回の公演。

 

観ておいて良かった!!!

 

と思いました(笑)。

新人公演の「グランドホテル」は

 

気迫と感情が揺れ動くお芝居

 

だったと思います。

本公演を3回観ていますが、今回が一番感動しました。

 

ある意味、ヅカらしくない脚本(番手が見えにくい)で、

押せ押せの路線じゃない瑠音を主役の男爵に置いたことで、

シンプルにお芝居を楽しめたのかも。。。

 

でも、歌やお芝居のレベルも十分だし、

役のイメージから本公演よりも合っているなという人も結構いました。

 

雪→久々にズッコケ(主演がこけまくりという・・・)

花→悪くはないけど、宛て書シナリオでは健闘

 

と続き、

 

今回は、「本公演に迫る新人公演」のレベルだと思います。

 

 

男爵(夢奈瑠音)

 

お芝居も良いし、歌もきれいですね。

高音が少ししんどい時もあったけど、十分です。

本公演のたまきちより、声の響は綺麗なんじゃないでしょうか。

ただ、ビジュアルは悪くないけれど、背がもう少し欲しいのと、やっぱり真ん中の華はちょっと足りないですね。

色気も少なめ、二枚目の優等生、といった感じです。

今後、路線に上がってくるには微妙ですが、それでも、それなりに役所を抑えていくのかな。楽しみです。

 

 

エリザベッタ(海乃美月)

 

思ったよりもかなり、良かったです。

フラムシェンより、良い(笑)。

歌もこっちの方が良かったです。ちゃぴほどではないけれど、マダムの貫禄もちゃんと出ていました。

恋に落ちて、可愛くなる心境の変化もよく出てたし。

あと、男爵の魂と踊るシーンは、怪しい笑顔にゾクッとしましたしね。

 

 

オットー(風間柚乃)

 

100期の研3で抜擢の注目株。

私も一番注目していました。

みやちゃんオットーが体格的にハマりすぎてるので、体格がいい彼女がやるのがどうかなぁと思っていたのですが、、、

余命幾ばくか、というのは微妙でした(笑)。

死にそうな病人というより、冴えないサラリーマン感の方が強かったかも。

うーん、、、イメージ、のび太??

ただ、生きることへの執着、「生きたい」という思いはすごい伝わって来て、ホテルの部屋が取れて、鍵を持って歌ってるシーンは、彼女を観てると泣きそうになりました。

心が揺り動かされるんです。

歌も上手いですね。これから先、楽しみです。

 

 

フラムシェン(結愛かれん)

 

個人的には、本公演越え。

セクシーで、「かわいい炎、フラムシェン」のイメージにぴったりです。

わかばよりも、くらげよりも、彼女が一番役に合ってると思いました。

お芝居も上手だし、何より、声がいい。

歌はソロでかすれる場面がありましたが、新人公演なら十分。

役がマッチしてたのか、お芝居の技術なのか、後者なら素晴らしいですね。

ただ、ビジュアルは、好みが分かれるかと。

私も、、、ガンガン押すのは微妙かな。。。

 

 

ラフェエラ(蓮つかさ)

 

声が一番通ってて、惹きつける。

女っぽいラファエラで、綺麗でした。

ありの存在感と、あーさのお芝居の上手さを足して2で割って、ちょうど良いラファエラ(笑)。

 

 

エリック(礼華はる)

 

「カルーセル 輪舞曲」で端の方で踊るのに、やたらと目につく背の高い子がいるなーと思っていたら彼女。

しかも今回エリックということで、オットーの次に注目しておりました。

歌はもう少しだけど、イメージ的には本公演越えです。

身長もあってその存在感、初々しい雰囲気が役にぴったりです。

ラストのソロ、歌い出しは微妙にふらついてましたが、後半は高音もしっかりと出せてたし、これからが楽しみです。

 

 

全体的に歌も悪くないし、月組下級生いい感じ。

だからこそ、、、

 

なぜカルーセルで下級生を使わなかった?!

 

と思いますね。

みつるさんの役を、、、ね。

 

 

あと、チケ難の新公なのに、ガバッと空席ありました(驚)。

特に、2階のA席のセンター、サブセンターが、びっくりする位あいてて。

公演始まるのに、あまりにあいてるもんだから、座ってる人がキョロキョロ横を見渡してましたよ(汗)。

 

月は全体的に低迷ですが、期待できる組子もいるし、盛り返して欲しいですね。