宙組「王妃の館」初日 観劇感想 

宙組「王妃の館」「VIVA! FESTA!」ムラ初日、観劇してきました。

映画化された浅田次郎の小説の舞台化ですが、

予習せず、さらっとあらすじだけを確認しての観劇。

 

原作知らないので、比較はできません(笑)。

 

 

「王妃の館」の感想

 

コメディなので、単純に楽しめる作品ですね。

「おもしろい?」

と聞かれたら「うん、笑えるよ」って即答(笑)。

 

オーバーアクションで、面白いってより、

セリフ回しや間などで笑いをとる感じかなと。

 

ただ、我が子は、こうもりやミーマイが大好きですが、

子供受けはどうかなぁ。

別れるかも知れないということで、今回も子連れでの観劇はないかも。

 

 

では、それぞれの感想を。

 

朝夏まなと: 北白川右京

 

セレブ気取りの小説家って設定ですが、セレブ気取りだからって性格はわかりません(笑)。

ちょっと変わり物の芸術家風で、中性的なまぁさまには合ってて、割と自然体かも。

間の取り方とか、ボソッと言うセリフとか、声のトーンとか、思わずクスっとなる感じです。

変わり者だけど、かっこいいを抑えているから、みりおん演じるツアコンと恋が芽生えそうで萌えるのも、納得。

 

 

実咲凜音: 桜井玲子

 

ツアー会社社長兼ツアコン。

まぁさまに「しゃかりきツアコン」と言われていましたが、みりおんには等身大の役ですね。演じやすそうです。

部下のずんちゃんに強気で無理難題押し付けて泣かしてる姿は、同期同士のやりとりっぽいなーと。

あと、彼女の衣装はカラフルで、とても可愛いです。

 

 

真風涼帆: ルイ14世

 

ルイ14世の亡霊。ですが、怖い雰囲気なし、ツアーガイドしてたりしてます。

真風さんも、コメディ上手だな。

タカスペのパロディも、ヴァンサクも、かっこいいのに、笑えるし。

面白いことも、振りもしてないのに、間の取り方が上手なんでしょうか、絶妙にコミカルさがでて、その存在感とで笑いを誘います。

 

 

愛月ひかる: 不動産王

 

頭髪(ハゲ)に悩みを抱える、不動産王。。。

この設定、いいんでしょうか。

衣装もヒョウ柄シャツに紫のスーツで、完全3枚目ってか、私は大阪のおばちゃんに見える。(大阪弁がわざとらしいのに、おばちゃんってっていうね・・・)

かっこよくないと思うのは、役的には、合っているんでしょうかね。

設定上、かなり笑いをさらってました。

あと、役の性格はいい人です(笑)。

 

 

星風まどか: ミチル

 

愛ちゃんの恋人役で元ホステス。

童顔な彼女がホステス?まぁ、映画では安達祐実がしてるしいいのかなと思ってたんですが、ギャルな服装、結構似合ってました。

ちょっとふっくらしたような・・・)

愛ちゃんを「パパ」と呼んでいるので、年の差カップルとしても、ちょうど良い感じ。

 

 

澄輝さやと: 近藤誠

 

刑事の役です。

でも、衣装は若作りの高校生(笑)。

刑事と言われて、そうなのかーって感じなだけで、キャラはあまりたってないかも。

今後、もうちょっと濃くなることを期待。

 

 

蒼羽りく: クレヨン

 

失恋したオカマの役。

あっきーと同様、いまひとつキャラはまだちょっと薄い(設定上では濃いけど)。

おかまより、ギャル?もっと声太く、メリハリつけた方がいいんじゃないかなぁ。

頑張ってる感が出てるので、もうちょっと自然体の方が面白くなるかも。

 

 

あっきーとりくくん、ラストで爆笑&拍手喝采の場面で、

「おい、全部持ってったな!!!」

というところがあります。

たぶん、ツイッターとかでネタバレしちゃってるかもと思うんですが、、、

これは初見で情報なしで見た方がいいと思うので、今は書かないでおきます(笑)。

 

思い出しても、最高に笑えます(笑)。

 

 

桜木みなと :戸川光男

 

ずんちゃん、可愛いすぎ。

リュック背負って、気弱で半泣き、号泣が似合う。

かっこいいのに、ヘタレってギャップに萌えまくりです。

 

 

あっきー、りく、ずんちゃん、

麗しいルドルフ3人が、面白キュートになってます。

 

 

和希そら: ピエール

 

そらくん、フランス人の役です。

フランス訛りの日本語が、絶妙。ツボ。

イケメンで軽い感じも上手だし、顔もシュッとなってきて、どんどんかっこよくなってきますねー。

 

 

ディアナ: 伶美うらら

 

うらら、今回はほぼ歌なし、コメディ感なしの、麗しの貴族。

やっぱり美しいですね(歌がなければ)

 

 

あとは、せーこ(純矢ちとせ)はまぁさまの編集者。

相変わらず、場面抑えて笑いもってってます。

 

舞良は、疲れた中年婦人の感じが(出過ぎ??)。。。

 

あと、専科の一樹千尋さんは今回の癒しですね。

物語のメッセージ的なところも発してますし。

なんといっても、やっぱり声がいいんだよなぁ。

 

 

コメディらしく、笑いはかなりおきていました。

ただ、初日は反応が良い人ばかりなので、落ち着いたらどうなるか・・・。

笑いが起こらないと、逆に盛り上がらない可能性もあるので、これからはそこが勝負??

チケットも苦戦しているようなので、頑張って欲しいところです。

 

 

長くなったので、ショーの感想は次に書きます。