• 投稿 2016/10/04
  • 日記

大好きなジェンヌさん。

みっちゃんこと、北翔海莉さんの退団公演「桜華に舞え」、

昨日ムラで千秋楽を迎えました。

 

 

桜花に舞えの感想。

桜華に舞えは、私は3回見たんですが、

お芝居はすすりなく声があちこちが聞こえるものでした。

私もウルウル・・・・。

義と誠、思いやりを大事にした桐野利秋が、みっちゃんの人柄にマッチして、

言葉ひとつひとつがすごい心に響く。

 

「そうだよ、日本はもっとがんばらないと!!!!」

って、なんか感想が壮大になりすぎちゃうほどに感動しました。

 

退団記者会見の記事でもあったんですが、

みっちゃんは男性ファンが多くて、入り出待ちで「みっちゃーーん!!」と

声をかける男性も多かったようですね。

確かに、平日なのにスーツを着たサラリーマン男性多かったように思います。

2回目の観劇の日は、後列にリーマン3人組が仲良く観劇してました。

そして、皆泣いてたし。

 

男泣きさせるみっちゃん、魂の演技・・・!!!!

 

退団公演のオリジナルは面白くないってよく聞くけど(汗)、

私は素敵な公演だったと思います。

 

でも、観劇が1回だとちょっと話の展開が早すぎて厳しいかな。

幕間で「話しがわからなかった」と話してる人もいたけど、歴史背景しらないと難しいのは確か。

さらに、鹿児島の方言がきつすぎて、最初の方が字幕なしで映画見てる気分でした(汗)。

でも、後半の方は説明不要。

自然と涙がこみ上げてきます。

 

 

ムラの千秋楽の入り出待ちの様子を見ていると。

みっちゃんの晴れ晴れとした顔、素敵ですね。

 

記者会見で「おなかいっぱい」と言っていたけど、

もうもっと前に限界は迎えてたのかな。

風邪の次郎吉の千秋楽の挨拶で

「舞台袖で、もうこのまま倒れちゃおうかなぁと思うこともあるんですけど」

って言ってたけど、ここからさらにトップとして1年半。

踏ん張って頑張ってくれたんだなぁと思うと、

 

「みっちゃん、ありがとう!!」

「おつかれさま!」

 

と言いたいですね。

 

さみしいんだけど、

もっともっと観てたいんだけど、

もう十分魅せてもらったんだよね。

 

さよならショーでも、

「これからは次代を担う星組の下級生に“どんな困難も乗り越えて欲しい”という気持ちを込めて」

って選曲するなんてさ。

みっちゃんらしすぎて、もうそれだけで号泣しそう。

 

次は、紅さん率いる星組に。

みっちゃんから受け継いだもの、しっかりと見せてほしいです。