宙組「王妃の館」「VIVA! FESTA!」観劇感想

お芝居に続き、ショーの観劇感想を。

 

早く書かないと忘れちゃう〜

(年だから(涙))。

 

プロローグはまぁうら スタート

 

スタートから、まぁさま登場。

で、まぁさまに追いかけられる蝶が、、、、うらら。

しょっぱなから、トップ二人で出るのもそんなにないけど、

 

「あれ、みりおんじゃないんだ」

 

というのが正直な感想。

 

 

この他にも、うららはショーで前に出てきてます。

メイン(?)は、ロケットセンター。

 

「えぇ?この前、花でゆきちゃん(仙名彩世)もセンターやってたけど・・・」

 

正直、ゆきちゃんより、微妙かも(汗)。

両脇、小さい娘役に挟まれちゃってるんで、大きさが目立つ。

しかも、衣装も一人違って、さらに微妙。

あの腰から下に下げてるふわふわ、いらなくないですかね・・・(汗)。

 

なんてか、このロケットは悪目立ちです。

 

衣装は、プロローグすぐのみりおんの衣装も、個人的にはちょっと、、、、でした。

蝶をイメージしてるんだけど、太ももの部分がバーンと目立つし(みりおん細いけど)、

セクシーっていうか、えろい??

うーん、表現できないんだけど、個人的には好きではない。

 

 

あ、プロローグから、客席降りありです。

しかも、2階にも。

これは久々なので、すごい嬉しい!

盛り上がります。

 

 

2章目のバルプルギスの夜

 

これは、すっしー(寿つかさ)の現役っぷりを再確認(笑)。

赤い魔女、綺麗でした。

相変わらず、前にでるなー(良い意味で)。って感じ。

 

 

りくくん、牛になる

 

スペインの牛追い祭りの場面。

まぁさま率いる闘牛士(?)チームと、りくくん率いる牛チーム。

りくくん、牛なのに、えらくセクシーでした。

ちょっとだけど、まぁさまリフト(?)してたり、アクロバティックです。

 

最後、ザクッとまぁ様に刺されちゃう姿は、儚いですが。。。

 

 

韓流は愛ちゃんセンター

 

しばしば出てくる韓流ナンバー。

韓流のアイドル風の場面って、ダンスはかっこいいけど、歌がやばいとちょっと辛いんですが・・・。

 

で、今回は、

まぁあまり歌もこけることなく、ダンスもかっこよかったです。

これから、さらにかっこよくなるといいですね。

 

 

YOSAKOIは いい!!

 

これ、いいです。

YOSAKOI。

 

まぁさまのドスの効いた声で、

「どっこいしょー、どっこいしょー!!」

「そーらん、宙組!!」

が、たまらん。

 

みりおん率いる娘役だけで踊った後、男役のダンスもメリハリがあってかっこいいです。

揃ってるので、衣装が翻って、背中の龍が見えるのもいいですね。

 

 

6章 誇りと野心の大地は。。。??

 

これ、ショーを見ている時、個人的には設定がよくわからず(汗)。

パンフ見て、「野心の真風さんが改心するの??」と適当に考えたのですが、、、

次回見て、確認したいと思います。

 

 

デュエダンが切ない。

 

まぁさま、みりおんのデュエダン、素敵でした。

リフトも長かった〜。

みりおん退団して、舞台を見れなくなるのも寂しいけど、

それ以上に、嫁なしまぁさまと思うと切ないです。

 

その時だけでデュエダンとはわけが違うよー。

でも、適任がいないんだもんね、しょうがない。。。

 

 

大階段の群舞は揃って、きれいでした。

振りもちょっと変わった感じで新鮮。

月の群舞の後だと、やっぱり、こうだよなぁと。

月も悪くはなかったけど、トップの位置がぼやけるような配置なので、それはどうかなと思うんです。

 

 

あとは、、、

ずんちゃんは、今回銀橋でも結構歌っていました。

音が低くて歌いにくそうですが、それでもこなしてたので、今後の伸びにさらに期待ですね。

お芝居では、ヘタレな役でしたが、ショーでは、えらく男前になってて、びっくり。

いや、もともと綺麗な顔ですが、かわいい雰囲気ではなく、大人な雰囲気で、スチールでもかなり目がいきます。

 

パレードエトワールは彩花まりでした。

 

 

覚えている範囲での感想は以上ですー。

ノリノリな感じで楽しいショーでしたよ。