• 投稿 2017/02/12
  • 観劇

雪が降る名古屋へ、

 

雪組の「星逢一夜」を観に遠征してきました。

 

ムラと違って遠征だし、希望日のチケットが取れなかったのもあり、

今回の1回しか観れません。。。

 

でも、今回の席は、1階の通路席だったんですよ(嬉)。

春の花の全ツでは、2階で客席降りを真下に感じながら(全く見えなかった(涙))、

悔し涙を飲んでおりましたが、今回はラッキー♪

 

なので、めちゃ気合入れて観てきましたよ(笑)。

 

再演だけど、キャラ設定は変更あり

 

主演および主要メンバーの配役はほぼ同じ、

抜けたメンバーの役替りの印象が変わる程度かとも思っていましたが、、、

 

ちぎさん(早霧せいな)演じる晴興のキャラ設定が結構変わり

後半の老中にあった晴興の台詞はかなり変わっていました。

(九条との立場が真逆)

 

初演は、何よりも幕府の改革を優先し、強引な晴興でしたが、

今回は、百姓の苦しみを理解しながら、仕事と板挟みで苦しみ、とまどいを持つように。

 

青年期を見ても、全体的に落ち着いた感じだなと思いました。

初演の方が激しかった気がします。

でも、今回は、抗えない運命の板挟みに悩む姿の苦しみが、切なくて。

 

それに合わせて、源太との関係性も変わっていました。

一揆の前に、説得する場面も、本当は応えてあげたいけど、できない晴興、

その立場と気持ちを理解する源太。

 

初演の時は、二人は決別して、戦い(一揆)となっていましたが、

今回は、命をかけて、お互いを救い合おうとしている、と感じました。

 

刀を持って、背中を合わせるシーン、

源太は「後を任せたぞ」と安らかにさえ見える微笑みとたたえていたので、

もう、涙腺崩壊です。

 

 

初演は、なんというか不安定感の中に、精一杯している勢いがありましたが、

今回は、さらに経験を重ねて、より深い心情を表現できるが故に、書き直された感じがします。

 

どちらも、素晴らしいと思います。

今しかできない話、さらにベストな形でのお芝居。

 

ただ、今回の方は、源太の死が無駄じゃなく、

希望が持てる終わり方で、ちょっと明るくなるかな。

 

 

だいもん(望海風斗)は悪役が似合いますが、源太もはまり役ですよね。

源太、今回では、さらにただただいい人感が増して、切ないです。。

 

ゆうみちゃん(咲妃みゆ)は、調子も良くって、歌もお芝居も完璧。

子供時代から大人の女性までの変化を、本当に体全体で表現していて、

素晴らしい役者さんだなぁと思いますね。

 

 

再演ということで、思ったのが、一揆などの殺陣(?)のシーンが、すばらしい。

当たったら、怪我するような、全力で振り回してて、スピード感と迫力満点です。

ここでも、雪のすごさを体感。

 

 

役替りメンバーあれこれ

 

がおり(香稜しずる)が吉宗。

前回は英真さんが演じていたので、だいぶ若い印象になるのは、しょうがない。

晴興の父のような存在というより、兄かな。

見守るというより、一緒に行動する、野心(?)溢れる将軍なイメージです。

 

ただ、悪くはないけど、やっぱり、ちょっと無理があるかなぁ。

 

桃花ひなが貴姫。

せしこが迫力たっぷりのお姫様だったので、だいぶ印象が薄いです。

こちらも悪くないんだけど、せしこと比べちゃったら、、、、って感じ。

 

 

二人とも、健闘はしてるものの、相手が悪すぎですね(汗)。

初演でやってるなら、問題ないとは思います。

 

 

煌羽レオが細川。

もともと、れいこ(月城かなと)がやってたけど、印象に残るかというと微妙な役(だと思う)。

なので、レオくんも、、、うーん、そんなに目立たない

あとは、経験値の差もあるかな。

 

 

まなはる(真那春人)が鈴虫。

これは、良かったです。

まなはる、着々と役幅広がってる感がありますね。

 

 

あとは、あんりの湧が可愛かったなー。

前髪下ろしたポニーテールがキュート♪

あと、ゆめ真音くん、顔ちっさ〜。

えっらい可愛いくて、やたらと見てしまいました(笑)。

 

咲ちゃん(彩風咲奈)のちょび廉や、大ちゃん(鳳翔大)の氷太など、

初演メンバーは変わらずかな。

 

ただ、星南のぞみは、初演と同じっていいのか?とも思う。

子役なら、見れる。

ってか、子役しか無理って、、、大丈夫かよ、とも(汗)。

 

役替りの部分は、初演と比べるとやや厳しい状況かなと思うところはありますが。。。

主演のお芝居の深さを感じられました。

 

あー、もう一回観たい。

 

 

引き続き、

ショーの感想。

 

Gratest Hits!

ノリノリで、大好きなショーをまた観れて嬉しい〜。

 

ってか、通路だったので、間近で見れて、

その格好良さに鼻血吹き出しそうになってましたが(笑)。

 

神席、最高(笑)・・・!

 

 

っと、、、、

感想です(笑)。

 

大劇では、クリスマス仕様のショーだったので、季節柄変更は入ってます。

 

ゴーストバスターズのシーンでは、しゃちほこ持って翔ちゃん(彩凪翔)登場。

名古屋仕様になってました。

で、ハロウィンかぼちゃが、鬼に。

鬼は〜外って言いながらはけて行きます。(節分も終わってるけど(笑)。)

最後、若干、グダグダな感じがあります(汗)。

 

 

そして、クリスマスソングの場面は、大ちゃんから始まるサンバの場面に。

大ちゃん、マンボを踊るんですが・・・。

 

うーん、微妙(汗)!!!

 

相変わらず、スタイル抜群なんですが、、、

最近歌う機会がめっきり減ってるのも原因なのか、

 

声が出てない。

 

せっかくいいとこもらってるのに、もったいない。

これなら、トナカイ以外でも被り物の方が良かった・・・

 

さらに、大ちゃん、パレードでエトワールの後、ソロで降りてきますが、、、

これも、かなり歌えてないですね(汗)。

 

 

レオくんも、がんばれー。

ロケットの前のソロ、大劇ではれいこの場面ですが、、

なんか、レオくん女の子っぽく見えた。。。

衣装の着こなしかなぁ。

歌は、まぁ、悪くはないんですが(声はやや高いけど)。

 

 

群舞の後半、咲ちゃんセンターで踊る場面は、

咲ちゃん、翔ちゃん、まなはるでした。

まなはる、しんどそうでしたが、なんとかついてってた感じです。

今回で経験値上げてって欲しいですねー。

 

 

エトワールはがおりでした。

歌うまですが、ちょっと固い感じ。

緊張してるのかな。

慣れてきたら、伸びやかな歌声になるのを期待できそうですが。

 

 

書くと、気になったところってことで、

マイナス感想多くなってるように思いますが、、、、

 

 

ショーも、めっちゃ良いです!!!

↑↑

無理やりっぽい??(笑)

 

ムラで観た時の感想で褒めまくってますしね、基本はその評価は変わりません。

行けるなら、もう一回行きたい・・・。

 

 

遠征すると、遠征している方たちの気持ちがすごくわかりますね(汗)。

みんな、こんな思いして通ってるんだよなぁ。。。

 

ムラでの観劇も、心して観ないと、なんて思います。