宙組「王妃の館」新人公演 観劇感想

今日は、宙組「王妃の館」の新人公演を観劇してきました。

 

前回のエリザの新公も
「本公演にせまる」、
人によっては
「本公演超え」
と評判の高い宙組下級生。

公演前から、かなりレベルの高い新人公演になるとは踏んでいましたが、、、

 

観劇後、感想は?と聞かれると!!

 

とれびあ〜〜〜ん・・・!!!

 

です(笑)

うまかった・・・、良かった・・・!

 

 

 

では、個々の感想を。

 

留依蒔世(北白川右京)

マキセ、良かったです。

フランツでもやばかったですが、歌うま〜。

本役のまぁさまの風変わりさはもひとつだけど、それでも、笑いはしっかりとっていたし、十分。

ビジュアル面でもいいですね、綺麗だし、スタイルばっちし。

実力面ではもえこの方が上ですが、、、路線争い、いい感じに競るんじゃないかな。

 

 

遥羽らら(桜井玲子)

今回2回目のヒロイン。

歌うまだし、楽しみにしていましたが、、、

個人的にはちょっと期待度が高すぎたというか、やっぱりみりおんのすごさを思い知ったという感じかな・・・。

かわいいし、お芝居も良いですが、歌が思ったほどじゃなかったです。

もうちょっと声量があれば、いいんだけど。

十分っちゃ十分なんですが、周りのレベルが高いだけに、

「うーん、もう少し」って・・・と思ってしまうかな。

 

 

鷹翔千空(ルイ14世)

今回一番の注目。

102期で2番手役ということで、大抜擢ですが、今回のMVPは間違いないですね。

まんま、お芝居が真風のルイになっています。

歌はこれからもっと伸びると思いますし、研2でこのレベルとはって感じです。

何より、雰囲気が並外れてますね。

同期の縣千も大注目ですが、実力面で断然こっちに軍配が上がりますね(さすが首席!)。

ただ、ビジュアル面では好みが分かれそうではありますが・・(スチールの写真微妙だし)。

今後が本当に楽しみです。

 

 

瑠風輝(金沢貫一)

本役を真似るのが新公の基本ではありますが、唯一オリジナルで役を作ってきたのはもえこ。

トータル評価でのMVPは千空くんですが、実力面で行ったら、もえこが一番。

舞台慣れもしているし、役に全力「なりきって」いました。

ここは、実力と経験の差、かな。

笑いも一番さらってましたね。アドリブもできてるし、余裕を感じます。

 

 

星風まどか(ディアナ)

歌の面で、本公超えしてます(笑)。

ルイ14世とハモってるのねってのが初めてわかり、歌詞も初めて聞き取れましたし。。。

ただ、ビジュアルは本公のうららが断然良いです。

あぁ、ここでも、娘役の「帯に短し、襷に流し」が出るとは・・・。

 

 

希峰かなた(戸川光男)

ヘタレツアコンというよりは、人の良いツアコンって感じ、でしょうか。

ずんちゃんのツアコンはヘタレ感がより出てますが、彼女の場合は、このへっぽこ感がちょっと弱かったかな〜。

悪くはないけど、といったところです。

 

 

愛海ひかる(クレヨン)

おかま役ですが、、、新人公演のクレヨンは女の子でした。

かわいいんだけど「これじゃない!!」的なところで、がんばれ〜って感じです。

 

 

主要メンバーだと、こんなもんかな。

 

あと、早見の小春乃さよ、も良かったですね。

酔っ払いの演技が上手でした。

 

ピエールの真名瀬みらも。

そらピエールをコピーしつつ、絶妙な間で笑いをさらってました。

 

個人的には応援している穂希せりくん。

うーん、やっぱり専科の一樹さんの壁は高かったって感じでしょうか。

健闘はしてるとは思いますが、コメディの中になる、うるっとくる場面で、

どうしてもお芝居の重みが足りない。。。

まぁ、専科さんが演じている役は年齢も上ですしね、どうしても新公では厳しい戦いにはなりますね。

 

 

あ、緊張しているんだろうけど、セリフを噛むのがちょっと多かったかな。

でも、今回の新人公演、満足です。

楽しみな下級生、宙組にもたくさんいますね。

 

ただ、男役は充実していますが、

娘役はちょっと微妙、人材不足感があるようにも。

 

今のところ、まどか以外の子も出てこない感じだし、

まどかも可愛らしい感が強すぎだし・・・。

 

 

今後どうなるか、気になるところ。

 

さて、新公後の公演も、より楽しみですね。

私はあと1回観劇予定。

 

新公後の本役の進化(?)も楽しみです。