星組「スカーレットピンパーネル」新人公演 観劇感想

星組のスカーレットピンパーネル、新人公演。

 

もともとチケ難の新人公演とはいえ、

今回はいつも以上にチケ難、高騰していた新人公演ですが、

なんとか、観劇できました(汗)。

 

配役から、本公演より歌うま揃いで、

本公演超えが予想されていましたが、

 

全体的な感想としては、

 

新人公演らしい熱気と、

本公演に迫る実力もあり、

本公演とは違った魅力もあった新人公演、でした。

 

まぁ、一言で言うと、

「とってもよかったー!!!」です(笑)。

 

では、早速個々の感想を↓

 

天華えま(パーシー)

 

新人公演2回目のぴーすけ。

初めはセリフ回しも噛みそうで、ドキドキしましたが、徐々に伸びやかに、歌声も綺麗になっていきました。

イメージは、初演の安蘭けいのパーシーに近いですね。

貴族らしい気品と実直さがありながら、わざと滑稽に演じている私はこちらのパーシーが好きです。

新人公演を見て、紅さんのパーシーがしっくりこないのは、

「滑稽に演じているのが素で、貴族風のパーシー」だからなのかも、と思ったり(汗)。

 

真ん中に立つというのでは、ややパンチは弱いけど、正統派でこれからの伸び次第かなと思います。ニコイチ扱いの綾鳳華よりは頭出たわけですし、頑張って欲しいです。

 

 

有沙瞳(マルグリッド)

 

本公演のマリーもいい感じのくらっち。

今回のマルグリッドも期待しまくりでしたが、

が、、、

うーん、、、、期待以上ではなかったなぁ。。。

 

歌は素晴らしいです。

歌姫のマルグリッド、劇場でひとかけらの勇気はさすが。

 

でも、マルグリッドは強い女性なんだけど、くらっちマルは弱かったように感じます。

出だしの、ショーブランにメモを渡す場面、カットされていて、一言のセリフでしたが、

その時は、美しくかつ強気な女性に見えました。

でも、その後は

「あれ??マリーが抜けてない・・・」

と思うほど、強さが見えないマルグリッドに。

パーシーに対して苦悩するけど、ぶつかっていく強さとか、あんまり感じなかったです。

ショーブランとの絡みでは変わるので、その場面が削られたのが大きかったのか。。。

 

くらっちは、どちらかと言うと、マルグリッドの方が合っていると思っていたのに、

なんか、「あれ??」と思う結果だったのが、意外かつ残念。

 

 

遥斗勇帆(ショーブラン)

 

今回のMVPは間違いなく彼女

歌もお芝居も、めっちゃうまかったです。

路線ではないので、ビジュアル的には大抜擢ですが、

「地べたを這いつくばって上がってきた」感のあるショーブランで、とてもよかったです。マルグリッドへの想いは少年のようで、その切なさもちゃんと出てましたし。

今回の抜擢にもしっかり答えたと思います。

路線外で、脇固めで活躍するんだろうなー。楽しみです。

 

 

綾鳳華(ロベスピエール)

 

やっぱり、ロベピは3番手の役じゃない、と思う(汗)。

でも、あやなのロベピは美しく、壊れそうな感じが出てたなと。

綺麗なんだけど「崩れそうな権力者」感がありました。

海ちゃんの美しいだけのロベピよりは、雰囲気あるかな。

 

 

 

大きなところではこんな感じ。

 

この他、、、

 

アルマンの極美慎はスタイル良くて、実直な青年って感じでした。
お芝居はやや微妙なところがあったけど、、、まぁ、これから。。。

 

マリーの小桜ほのか、本公演ではエトワールもしてるし、歌もうまかった。

可愛かったし、お芝居も良かったです。

 

ルイ・シャルル(澄香あまね)は、お芝居は本公演より良かったけど、

歌はダメでした(汗)。

 

スカピン団で目に留まったのは、

天希ほまれがかっこ良かったです。

 

庭で愛を語るシーンでは、

アントニー(桃堂純)とケイト(星蘭ひとみ)のカップルの顔の大きさの違いに驚愕・・・。

星蘭ひとみは、ぱっと見目立ちますが、歌にもセリフも声が出てないなと。

消え入りそうで、ちょっと歌うだけでも大丈夫かな?と思います。

 

 

前半、緊張していたぴーすけも、お芝居が進むにつれて、

緊張もほぐれて、よい感じの演技に。

アドリブもたくさんありました。

 

ショーブランに貸す衣装はコナン(笑)。

 

P「君は大きいから無理か」

S「オレはできる!!!でも、結構です」

 

 

パーシー邸の庭で再会するシーンでは、

「始めのシーンはカットされてしまったが〜」

など。

 

あちこちでアドリブがあり、とても楽しそうでした。

チームワークもいい感じ。

 

 

それに、どの公演でも共通することですが、

新人公演の熱量はやっぱりよいですよね。

勢いがあって、人を惹きつけます。

 

今回の公演は、本公演よりも良いところもたくさんあり、

新人、若手らしいエネルギーがあるとてもよい公演でした。

 

東京公演でも、もっとパワーアップすると思うと、楽しみです。