お芝居に続いて、ショーの感想。

 

ちぎみゆ、退団公演は、

 

かなりダンサブルなショーでした。

エネルギッシュでしたが、オラオラな感じではなく、

スタイリッシュなんだけど、激しい。

 

かなーり踊りまくってます。

歌よりも、ダンスが中心ですね。

スピードも早いし、すっごい疲れそう、、、なんてど素人の感想が(笑)。

終演後の組長の挨拶、めっちゃ噛み噛みだったんですが、

「激しすぎたからじゃ??」と思ったりしました(汗)。

 

 

お芝居と同じく、いろんな組子が前に出てきて、見所が多いです。

今回は咲ちゃんが休演ということで、振り分けられていたんですが、

ひとこがやっぱり頑張ってたなと思います。

あと、レオくんも今回はよく出てました。

 

演出としては、ゆうみちゃんが娘役引き連れて、銀鏡渡るとか新鮮でした。

珍しい並びだなってところが結構あって、そこも楽しい。

 

あとは、、

退団者の踊りもあるのですが、これダメだぁ〜。。。

かなり泣けます。

ってか、ちぎさんが泣きそうになってると思う。

挨拶でも、「思い出して涙が流れました」って、涙が一筋流れてましたし。

 

見てる側としては、退団者の多さにも寂しさを感じますが。。。

 

だいもん&まあやの場面もあります。

安定の超絶歌うま。

でも、ここでも、堅実すぎて、やや地味、かな・・・。

 

 

103期生のロケットもアクロバティックでした。

かなり激しい。

人間椅子(?)とか、すごかったです。

あと、去年の102期生の初舞台は銀橋渡ってはける時に、

人と人との感覚にちょっとばらつぎがあって、肩にかけている手が離れていたりするのを結構見かけたんですが、今回はピタッと揃ってたのが印象的でした。

 

 

ええっと、、、なんか色々あるんですが、、、あんまり書けない・・・。

なんかね、観れて嬉しい反面、なんとも切なくて。

なんか、考えがまとまりません。

 

詳しいあれこれは、また次回見た時に。。。