• 投稿 2017/04/30
  • 観劇

昨日、幕末太陽傳観に行ってきました。

咲ちゃん復帰してからは初めてです。

 

友会で当たった席はどセンターで、

まっすぐちぎさんを見つめられるのは、嬉しい(笑)。

 

3回目ともなると、ストーリーに追われることなく、

後ろの方の小芝居も楽しく観れます。

 

周りの反応は、、、

前の席の方はよく笑ってましたが、

お隣は何度か船漕いでましたね・・・。

前回一緒に観劇した友人も、ふと見ると寝てたし、初回だとこんな人も多いかも(汗)。

 

 

咲ちゃん(彩風咲奈)の徳三郎。

 

代役のひとこ(永久輝せあ)は、品の良いボンボンでした。

無理してワルぶってる感じがしたので、

ひとこ徳三郎だと、騙されて牢には入れられなさそう(笑)。

 

本役咲ちゃんの徳三郎のが、一層抜けてて、憎めない感じがしました。

甘えん坊なボンって感じで、これなら「騙されるそう」的な(笑)。

 

 

ひとこの本役、清七。

 

こはるに騙される若い町人ですが、これは細かいところがやっぱり違うなーと。

最後に鼻を「ブーーッ」と噛むので、大爆笑。

代役のちさとくん(縣千)の時は、ちょっと間延びするような感じで少し気になってたんだよな、なんて思いました。

でも、ひとこが本役でこれだけってちょっと寂しいかな。

出番の多さで言ったら、長州志士の一人でも良かったんじゃ、、、

とも思ったり、でも横並びだし難しいかな。。。

 

 

 

代役シリーズ(笑)最後。

ちさとくんの本役は玄平。

 

格好がね、変というか、まぁ、カッコ良い格好ではないんですが、

やばい、ちさとくんがやるとカッコいい

代役の時は、「えー、これやんの??」と思ったんですが(笑)。

贔屓目ではあるんですが、新公が楽しみです。

 

 

 

咲ちゃん復帰早くて良かったなと。

ひとこは、新公主演もあるし、本当によくがんばったなと思います。

ちょっとお疲れが出てるような気もしなくないし(汗)。

 

 

休演してた103期生の子も復帰するし、最初はバタバタしたけど、

さらにお芝居もショーも深まっていくの、楽しみです。