今日は、急遽ムラへ。

 

「まぁ、今日はゆっくりしようかなぁ〜」

と思っていたんですが、、、

ちょっと朝に時間ができ、思い立ってムラへ。

 

当日しかも11時の当日券、無理だろうな〜と思いつつ列に並んでおりましたが、

なんと奇跡的に1枚ゲットできました(驚)。

 

8時半到着で、チケットの列は折り返して、、、

多分100人近くいたと思います。

前の方の人、待ってる間寝てましたしね、何時に来たんだろう・・・。

 

こんな状態なので、ゲットできたのは幸運。

 

今回で4回目の観劇。

後ろからなので、オペラで、気になる人をあれこれ見ておりました。

 

 

ちぎさんの退団公演がこれかぁ、、、

とも思ったんですが、何度も観てると愛着も湧くもので(笑)。

 

まぁ、ちぎさんらしいっちゃちぎさんらしいのかな。

町人だし地味なのがなー、とか思うけど、

コメディで、どんどんアドリブとか入って、面白くなってきてるのはいいですね。

お芝居を楽しんでる感じが、観ててこっちも楽しくなります。

 

さよなら退団的な別れや、未来に向かう姿とかの要素も入っているので、

早々に泣いてる方が近くにおられました。

 

ショーは、見る度に、泣きそうになりますけどね。

これ、ダメやろと思う場面多過ぎ。

 

プロローグ、銀橋の脇で、ゆうみちゃんが走り抜ける組子に手を振るところ、

地味に好きです。

じーんときて、既に泣きそうになる私・・・。

 

 

絆の場面もね、これは泣くなってのが拷問だと思う(笑)。

ってか、組子もさ、堪えるてるよね。

千秋楽、どうなっちゃうんだろうなんて心配になります(←余計なお世話)。

 

「みんなといることが、楽し過ぎて」

 

って、本当に楽しそう、楽しすぎそう!

振りもアドリブだし、「いえーい!!」ってやってる姿を見ると本当に幸せそう。

この歌詞は反則だな、と。

 

まぁ、続くフィナーレのゆうみちゃんの歌もたまらなく泣けるんですけどね。

 

とかく、

「楽しく、幸せ」度が高い。

歌詞でアピールってか、そう自然と思えるから、歌詞が後からついてきて泣けます。

 

折り返しに差しかかろうとしてるから、余計、なんでしょうか。

寂しさに沈んでも、笑顔で最後を迎えられるようにしたいなと思います。