• 投稿 2017/08/27
  • 観劇

雪組の全国ツアー

「琥珀色の雨にぬれて」

観てきました。

 

だいもん(望海風斗)&まあや(真彩希帆)のお披露目公演。

 

悪役なイメージが強いだいもんに純粋無垢な青年、取り巻きを連れて歩く美女にまあや。

観る前は、ポスター微妙だし、演目的に合ってないとしか思いようがありませんでした(汗)。

 

純粋無垢な青年のクロードに、だいもん

でも、意外と、純粋無垢な青年だいもん、悪くなかったです。

根が真面目だからかな、不器用で後先考えずに恋に走る姿を好演してました。

白だいもん、いいかも(笑)。

 

 

クロードが恋する年上の美女シャロンに、まあや

まあやは声がやっぱりいいですね。

色っぽい大人っぽい声で、感情が美しい響にのって聞こえる感じがします。

お芝居も本当に上手でした。

 

このトップ二人だと、耳が幸せです。

 

 

ただ、、、

シャロンの絶世の美女設定は無理がある。。。

かわいいけど、取り巻きがつく程じゃないので、

「うーーーーんんんん・・・・」とぶっちゃけなるのが、残念です。

綺麗なんですけど、なんか違う感じ。

「綺麗に見えるけど、実はそんな綺麗じゃない」というのがそのまんまなんですよ。伝わらないかもしれないけど・・・(汗)。

 

もうちょっと可愛らしい役だと、彼女らしくて、純粋にお芝居の評価になるんだけど、演目が不利なんじゃないかな、やっぱり。

 

 

その他、、、、

2番手のジゴロのルイに、翔ちゃん(彩凪翔)

黒スーツの翔ちゃん、めっちゃかっこよかったです。

純粋イケメン、やっぱり似合います。

歌も頑張ってましたね。

 

 

娘2役、フランソワーズに星南のぞみ

前半は相変わらずの棒演技(汗)。

後半、感情が高ぶるところでは、少しマシになり盛り返したかと思った後も不安定さは継続していました。

前半のソロの歌も、相変わらずの酷さでしたが、4人で歌うところは、だいもん&まあや補正でそこそこ聞こえてました。

彼女比で言うなら、前までは「ずーーーーっと棒演技&聞こえない歌」だったので、マシな部分が見えただけでも、成長してるっちゃしてるかな。

可愛いんで、役的にはぴったりなんですが。。。

もう路線には上がって来ないだろうし、このままマシな状態になれば、月のわかば的なポジションにはなりそう。。。

ただ、できるだけ早くもうちょい観れる程度にはなれるといいんですが・・・。

 

 

協同経営者で婚約者の兄のミッシェルにまなはる(真那春人)は、良いお兄ちゃん。

まなはるは安定、今回は3番手ですが、歌もがんばってたし。

 

ジゴロのサロンオーナーに沙月愛奈

ダンスはキレキレですが、、、ジゴロの歌はひどかった(汗)。場面的に長いので、がんばれって思う。。。

サロンの影のオーナー(?)の貴族の桜路薫は、渋い役もいい感じに。今後、もっと出番増えるかな。

 

個人的には、歌手役で出てたはおたん(羽織夕夏)が良かったです。

ショーでも結構歌ってたし、エトワールもしてましたが、貴重な歌ウマさんです。

 

ショーの並び的に、まなはるの次で路線扱いだった煌羽レオは、お芝居ではそこそこな感じかな。そんな目立つほどでもないような気がしました。

 

 

お芝居は、観る前の期待値よりはずっと良かったです。

さすが、だいもん&まあやの超歌うまコンビ。

歌は聞き惚れてしまいますね。

 

ただ、和の雪だけど、まあやとだいもんだと、和物は微妙だなーと。

二人とも和よりも洋の方が断然似合うし、がっつりミュージカルが観たいです。

この期間に雪組子も歌のレベルが上がると尚良しなんですが。

トップとの歌の差がありすぎるのも、ちょっと気になるので、全体の底上げに繋がるといいんだけど。

 

 

続いて、、、、ショーの感想。

“D”ramaic “S”感想

 

ちぎさんの退団公演で、退団色すっごい強かったので、そのまんまでは使えないだろうとは思っていましたが、結構変えてましたね。

プロローグ、中詰、黒燕尾あたりは同じですが、変えると予想していた部分以外も結構変えてました。

全く違うショーって思ってもいいかも。

 

ゆうみちゃんが歌ってた「私の愛する人のイニシャルはS〜〜〜」の場面もちゃんと差し替えられてましたね。

 

プロローグの後、だいもんがソロで歌うところは、これは歌ウマだからこそ、歌える歌詞だなと(笑)。

「おれを見ろ!!!」

って、あの美声で言われたら、、、、って感じ(笑)。

 

 

ブライアント先生の場面は、翔ちゃんメインに。

ショースター、翔

これ、かっこよかったです。

衣装(宙のホッタイぽかったな)も振りも全く別でしたが、あゆみさんと翔ちゃん中心にキレキレで踊ってました。

翔ちゃんの歌もこけることなく(笑)、良い感じに。

姫ねぇポジは千風カレンで、歌も良かったなー。

 

 

ショーでは、咲ちゃんポジにまなはる、翔ちゃんポジにレオくんでした。

まなはるがんばってましたね。ソロも。

レオくんはお芝居はそこまでじゃなかったけど、ショーでは相変わらずの推しを感じるかな。

 

 

ロケットは、ロケットボーイの陽向くん。

力いっぱい、やりきってます感がたっぷりで、可愛いかったです(笑)。

(いっぱいいっぱい感漂ってるとはいえなくはないですが・・・)

私は103期生のムラしか観てないのですが、、、うーん、ちょっとばらつきがあったような。

フェッテで回るところとか、端の子がよろついてましたしね、これはちょっといただけない程悪目立ちしてました

ロケットガールの星南のぞみはすごい可愛かったです。

掛け声とか、弾けてて、いい感じ。

ほんと、ショーとかだと目に行くだけに、歌とお芝居がもう少しできたら、、とつくづく思います(汗)。

 

 

絆の場面は、これからがんばっていこうという希望の場面に。

歌もすごいよかったなー。

ただね、衣装がね、こちらは微妙。

なぜ、黒のインナーにピンクのジャケット?!

バスガイドか受付に見えて、慣れるまで笑いが止まらなくなりましたよ(汗)。

(雪のコングラの白衣の、なぜこれ感(笑))

 

 

あと、まあやは、ショーだとウィンク、投げキス飛ばしまくりでかっこいいですね。

すっごい、「男前ーっ」て感じ(笑)。

デュエダンは、リフトがありました。

だいもん、雪では全然してなかったけど、やっぱりトップになるとするのねー。

でも、ちょっと持ち上げるときに高さ足りなくて、フラついてましたね。

 

 

エトワールは、はおたん。

お上手でした。

お芝居も幅広く色々な役をこなしてるし、ますます頑張って欲しいですね。

 

 

全体的に、スピード感のあるショーという印象は変えず、お披露目にふさわしいようにしっかりと構成を変えて、良いショーでした。

 

新生雪組は、堅実な感じですね。

トップの実力は申し分ないですが、ただ、ビジュアル含めると、好みは別れそうだな。

あと、次回の大劇のロベピ、気になるのは2番手咲ちゃんとの並び。

 

話も悪くなさそうだし(だいもんのイメージには合う)、ショーの野口先生は前回のエンターテナーがすごい良かったので、楽しみではありますけどね。

 

来月の咲ちゃんの別箱も楽しみです。