雪組「ひかりふる路」観劇感想

だいもん&まあや、新生雪組のお披露目公演、観てきました。

 

本当は初日観たかったんですけどね、チケ難すぎて無理でした(汗)。

まぁ、予想はしてんたで、観れる日程でのマイ初日。

 

お芝居はワイルドホーン氏が全楽曲提供、さらに史上最強に歌うまトップコンビということで、期待値マックスでの観劇でしたが、、、、

 

宝塚じゃないミュージカルを観た感じ、です。

 

楽曲はさすがに良いです。

でもって、歌う二人がうまいもんだから、迫力満点。

外部のミュージカルみたい。

華やかさというか、実力で納得させるというのが、第一印象ですね。

 

だいもんロベスピエールと、まあやアンヌの歌声が素晴らしすぎ。

歌の弱い雪でしたが、トップ二人の補正か、他の組子の歌もよかったです。

 

こんだけ豪華だと、一幕じゃなくて、二幕ものでもよかったんじゃないかなぁ〜とも思いました。ストーリーは、駆け足で進むところもあるので、もう少し時間があれば、もっと深められたのかな、と思うところもあるので。

まあや演じるマリーの過去とかは、セリフで説明して流してるし、ロベスピーエルが恐怖政治に走るところとかもちょっとあっさりだし。

 

あと、ロベスピーエル、処刑されちゃうところでラストなので、、、お披露目としてどうなのかな、とツッコミはなきにしもあらずですね。

できればハッピーが良いなぁとは思いますが・・・。

 

でも、役としてはハマり役だし、もっともっとお芝居が深くなるとさらに見応えも出ると思うので、また見るのが楽しみです。

 

 

ロベスピエール(望海風斗)

歴史的悪役のロベスピエール。

でも、実は理想に燃え、その真面目さ故に、ダークサイドに落ちたという人物として今回は描かれていますが、この白から黒へ変わる役は、だいもんはまり役ですね。

ドンジュアンの「The黒」よりも、白さゆえに、道をあやまってしまった、という方が似合う。

 

革命が進み、粛清が落ち着いたところで、「次は何をすれば良いのだろう」とサンジェスト達に問いかけるセリフは、印象的でした。

そのカリスマ性が故に、流されて祭り上げられ、大事な友人、さらに愛する人を失ってしまった切なさが、苦しい。

 

ただ、人民を第一に考え、さらに、そのために身を削って革命を進めたロベスピーエルが、なぜ、恐怖政治へと落ちたのか、そこが一幕だと少し物足りなかったなーと。時間があれば、もっと深く演じれただろうに、そこはちょっと勿体無いなと思いました。

 

 

ダントン(彩風咲奈)

あいつは偽物、口だけと悪口はいれるものの、豪快かつ弁の立つダントン。

がっつり男!!っぽい役ですね。

咲ちゃんかっこいいなと思いましたが、多分、雪贔屓なので、評価は甘いのかもしれません(笑)。

ダントンとロベスピエールがぶつかり合う場面が多いですが、歌もしっかりと歌えたし、これからも楽しみです。

 

 

マリーアンヌ(真彩希帆)

革命の犠牲となり、家族と恋人を殺され、ロベスピーエルを殺すために近づいたが、愛し合うようになる貴族の女性。架空の人物です。

ポスターの写真とは異なり、普通のお化粧だったので、そこはホッとしました(笑)。

 

最初の方は、エピソードを歌で語るので、お芝居に入り込めてないような感じでしたが、後半は鬼気迫る感じでよかったですね。たぶん、回を重ねるともっとよくなりそう。

歌は、申し分なし。まあやは海外ミュージカル感強いですね。だいもんの歌うまとは違う。

しかし、歌ってお芝居すると、まあやは可愛く見えます(笑)。

立ってるだけだと、、、オペラはちょっと上がらない、、、かな(汗)。

 

歌はかなり難しそうなので、新人公演はかなーり、きつそうだなー。

 

 

サン・ジュスト(朝美殉)

初日映像を観たとき、鬘がイケてない・・・(涙)とツッコミを入れておりましたが、実際みたら思ったほどでもなく、セーフ。

サイドに寄せた髪型なら、マシなので、大丈夫でした(笑)。

 

でも、革命の大天使、イケメン枠ですが、髪型でマイナスになってんじゃないかな。。。

 

ロベスピエールに陶酔しすぎ感が強いですが、史実上は間違ってないようですね。

役的には3番手枠のキーマン。

 

 

マノン・ロラン夫人(彩凪翔)

楽しみだった、翔ちゃんの女役。

むちゃくちゃ綺麗でした。迫力も色気もあって、すごいはまり役。

なんせ、お顔が美しいので、惚れ惚れしちゃいます。。。。

 

 

デムーラン(沙央くらま)

ロベスピーエル、ダントンの仲間であり、ジャーナリスト。ジャーナリストらしい、爽やかな青年が似合っていました。

 

 

あとは、革命議員に男役は若手、別格共に結構出てました。

ちさとくん(縣千)、あやな(綾凰華)、ひとこ(永久輝せあ)は横並びかな。

 

娘役はあんまり目立つ人はいなかったと思います。

 

彩みちるが、デムーランの妻役でまぁそこそこ。

ひらめちゃん(朝月希和)がダントンの妻だけど、相変わらず下町っ子、でもすぐ信者って出番少ないし。

星南のぞみも、史実上はロベスピエールに深く関わってるはずだけど、セリフも歌もワンフレーズありました。

セリフはマシになってましたが(前は一言いうだけでアウトだったけど)、歌うと現実にもどされるのは変わらず。

 

 

ストーリーはとてもシンプル。

大きな流れはノンフィクションですしね。そこに豪華な歌と歌声で飾ったミュージカルです。

一幕なので、あっという間、若干駆け足な感じがするのと、まだお芝居として掘り下げていってる感じはしますが、まぁ、回を重ねるごとに良くなるのも楽しみということで。。。

なんども観たくなるお芝居としては、間違いない作品だと思います。

 

 

ただ、、、パンフの写真はイケてない。

ってか、お芝居じゃなくてショーの方のスチールがひっどいなーーーと(汗)。

誰に見せても、これはあかんやろ、レベルです。。。。

 

ちょっと長くなるので、ショーの感想含め、次回に続きます。