月組全国ツアー「鳳凰伝」観劇感想

月組の全ツ、初日を観劇してきました。

 

梅芸では久々の1階席。

うまくいえば、客席降り近く来るかも??と期待大な席だったので、ウッキウキで行ってきました(笑)。

 

鳳凰伝。

宙組公演は映像で観ただけですが、個人的には、ストーリーは割と好き。

まぁ、無理やりな部分はなきにしもあらずですが、たまきちカラフ、ちゃぴトゥーランドットは結構似合うんじゃないかなと思っていました。

 

あと、バラクが追手と戦う場面、舞台に本当に水をためてたのに、動画でも度肝を抜かれたんですが、今回はどうするんだろー、、、、とそこも注目しておりました(笑)。

 

 

鳳凰伝感想

 

予想通り、たまきちカラフよかったです。

国を終われた王族、高貴な潔白、印象は、優しくて、でもめっちゃ頼もしいカラフかな。

包容力ばっちり(笑)。

 

微妙に女性の扱いが正直すぎて不器用なところなども、悪くなかったです。

ただ、毎回思うけど、ロン毛はたまきちあんまり似合わないんだよなー。。。

 

 

ちゃぴのトゥーランドット、ちゃぴお花さんにどんどん近くなりますが、、、でも、やはりお花さんの迫力には、まだだなと(笑)。

まだ可愛らしさのあるトゥーランドットでした。

でも、ちゃぴじゃないと無理だろうな、と思える役ではあります。

美しさと、迫力は十分だし。ぞくっとする色気もあります。

歌の高音の声量ががもっと出れば、さらに完璧(お花さん化・笑)と思います。

 

 

れいこバラク。

まぁ、2番手枠だしね、程度に思ってましたが、めちゃくちゃ似合ってました。

れいこ、最高!!!かなりロックオン(笑)。

お化粧がいつもと違って、でも、かなりかっこよかったです。黒い衣装似合うなー。

一応悪役?でも、生まれは高貴というのがぴったり。色気もあって

ちょっと悪ぶったセリフが、こんなにかっこよく似合うとは意外かも。

 

ちなみに、水のシーンは、ドライアイスもくもくに変わってました。

まぁ、水はなくても良いと思います(笑)。

 

 

タマルのくらげ、相変わらず安定ですね。

可愛いし、上手なんだけど、トップに上がるのか、、、は神のみぞ知る?!

カラフの前では、奴隷として徹底的に下を見てるんだけど、盗賊達の前では、のびのびとして歌ってる姿も可愛くて、細かいお芝居も上手。

 

ちなみに、タマルが仕える王のために子守唄を歌うシーン、まわりの盗賊が母親を思い出して、どんどん泣き出すのですが、最後、ティムール王の箙さん、

 

「ママーーーー!!!」

 

と寝ぼけて叫ぶというアドリブがありました。

あの声で、このアドリブ、最高(爆笑)。

 

 

若手で頑張ってたのは、れんこんくんのゼリム。

可愛い従者でした。

 

盗賊タン、トンは、ゆりやさんと、華蘭。

随分ときれいで柔な盗賊だけど、タマルに言いよる姿とか、オールフォーワンを思い出しました(笑)。

 

 

アデルマの麗千里は、歌はうまいし、カラフの恋に報われない逆恨みからちょっと狂う感じはよかったです。

怖いというより、切ない感じで。

 

あとは、処刑されるペルシャの王子の彩音星凪は、お顔綺麗だなーと思いました。

 

 

 

続いて、ショーの感想

CRYSTAL TAKARAZUKA感想

再演で、もともととても好きなショーですが、すっごいよかったです。

久々に時間を忘れる感じで、飽きることなく観れたと思います。

 

 

まさおさんのキラキラとは違うけど、たまきちセンターでもショーは、ダイナミックで動いて魅せる感じかな。

デュエダンとか、ちゃぴがのびのび踊っている姿をたまきちが支えてる感じがしました。

まぁ、宝塚的には逆なのかもしれませんが(笑)、私は結構好きですね。

二人の歌も、ますますいい感じに響いていいコンビだなと。

 

 

プロローグの客席降りは結構後ろの方まで行ってました。

実は思った以上にチケット確保ができたこの公演。

1階席の前方端と、後方通路前席の2つがあり、後方通路まで来るか微妙かなーと、私は前方席をとり、通路前席を友人に譲ったのですが、、、、

 

客席降りは後方通路まできてました。

しかも、迷った席は、れいこが目の前。。。

 

「れいこが目の前にきてるーーー(涙)と後悔・・・。

 

まぁ、一瞬を取るか、全体の観やすさを取るかなんですけどね、あー、残念。。。

 

 

シンデレラは、今回はれいこが。

みやちゃんが可憐で可愛いシンデレラボーイだったので、どうなんだろうと思っていましたが、、、前髪下ろしたれいこ、めっちゃキュートでかっこよかったです。

ちなみに、登場で結構笑いが起きてました。

 

マーリーに、パンを恵むシーン。

アドリブで「たこやき味やで!!!」と(笑)。

 

相手役のシンデレラガールは同じくくらげ。

二人のダンスシーン観て、並びが似合うなーと。お芝居のからみも観たいなと思いました。

ママ母役のまゆぽんの相変わらず笑いをさらってました。

 

 

マリオネットのシーンは、相変わらずちゃぴの動きは素晴らしい。

オペラでガン見。

「瞬きしてないよー、、、」とずーっと観てました(笑)。

 

 

前回はたまきちがセンターだったクリスタルズのシーンは、ゆりやさん、華蘭、まゆぽん、れんこんくん。

ゆりやさん、歌は厳しいですが、周りが歌えるので、上手にカバーして、かっこよさだけアピール。いい感じでした。

 

しずくの場面もよかったなー。

そう、ここでのたまきちの鬘はショートに襟足が少しあるくらい。

やっぱり短い方が似合うなーと一人で納得(笑)。

 

この場面、コーラスもとても綺麗だったし、踊りもよかったです。

 

あと、、、番手ごまかし曰く付きパレードは、

くらげエトワール

れんこんくんと叶羽時

ゆりやさん

れいこ

ちゃぴ

たまきち

 

れいこ、小さい羽背負わないかなー、、、、と期待したけど、残念、羽なし。

 

ありのバウ、みやちゃんDS、としちゃんMSで、中堅も若手も、割と抜けている公演ですが、クオリティ高かった。

ダンスは揃ってるし、歌もコーラスとても綺麗で、バランスよく仕上がってると思います。

 

月組、何気にバランスいいかも??

次の大劇公演も楽しみです。