花組「ポーの一族」観劇感想

久々の更新。

 

一ヶ月ぶりにムラにて観劇。

初日開けてから1週間以上たって、やっとこさ、ポーを観てきました。

 

原作の漫画を花組ファンの友達から借りて、読んだんですが、、、

 

「うーん、、、わからない」

 

と読み進まず(汗)。

 

ちょこちょこと読んでいるので、さらに登場人物がどんなんだったかもわからず・・・。

まぁ、少し聞きかじった程度の知識での観劇でした(笑)。

 

舞台の構成としては、漫画よりわかりやすいかなと。

漫画は時系列がバラバラで、読み進みにくかったところを、今回の舞台で時系列を整えて説明してもらった感じ。

 

でも、一幕は駆け足で過去の話を追っていくのがメインだったので、ちょい微妙??

ちょっと観てて疲れる感じがしました。

全くストーリー知らないとなおさら理解するのに大変かも。

 

「うーん、、、」と思いながら観た後半二幕目は、心情がよく現れていて面白かったです。

集中して、お芝居を観ることができました。

 

 

演出家の小池先生、原作の漫画家萩尾先生共に、ビジュアルの素晴らしさを言っていますが、本当にビジュアルは素晴らしかったです。

 

みりおさん、エドガーまんま。

どこから見ても美しすぎる少年。

かわいらしさも、妖しさも、美しさも、儚さも、マッチしてました。

舞台化の希望はあったけど、役を出来る人がいなかったので、断念していたという話ですが、まぁ、みりおさんのアテガキのような仕上がりだと思います。

 

ただ、みりおさん、もともと細いけど、さらに痩せちゃったんじゃないですかね。

体系も、小さく細くて、本当に少年になりすぎちゃっているのが、心配です。

ぽきっと折れちゃいそうな儚さは、役としてはいいんのかもしれませんが、ちょっと心配です。

 

 

カレーさんも、ビジュアルはいいですねー。

はぁ、美しい。並びは最強。歌、お芝居はまぁ、いつも通り。

(ミュージカルになると、セリフが聞き取れないんだよー)

カレーさんの仕上がりはだいたいいつもムラの後半やっとだし。。。

 

 

ゆきちゃんシーラは、、やっぱりゆきちゃんかな。

ポーツネル男爵のあきらとの並びの方が合っているのを再確認(汗)。

お芝居と歌は安定です。

 

 

クリフォードのちなつさんのかっこよさにやられました。

青いスーツの似合い方が半端ないです。

エドガー、アランは美しい少年、男の人としてのかっこよさで引き込むのは、ダントツちなつクリフォードですね。

クリフォード、漫画では好きではないんですが、、、ちなつクリフォードなら、浮気も良いと思えました(笑)。

 

 

今回は舞台に出てる人が多くて、みな大忙しですね。

別格や若手の見せ場も多かったです。

 

マイティとしーちゃん(和海しょう)の出番はコンスタントに多かったですね。しーちゃん歌ソロも結構あって、美声にうっとり。

 

優波さん、せの、ほの、亜蓮くん、つかさくん、はワンセットで出てる感じ。

「あれ??さっき出てたのに、別の衣装であそこに出てる・・・」と、目で追うのが大変なくらい、あちこち見かけたと思います。

 

宝塚的人の使い方は、さすが小池先生はうまいですね。

今回も盆がぐるぐるぐるぐる回ってました(笑)。

 

 

今回はフィナーレの男役群舞がむちゃくちゃかっこよかったですね。

ダンスがキレキレ。

これは何度も観たい。

近々2回目の観劇予定ですが、マイティの足回しは要チェックしようと思ってます(笑)。

 

 

あと、、、フィナーレのWトリオ。

下手側を見てびっくり。

龍季澪が入ってました。

「あれ??あのハーフの子って、今までそんな出てたっけ??」と思って、パンフで確認したら、、、前回までと写真が全く別人のようになってる?!

お化粧と写真の角度を変えたんでしょうが、別人、というかかなり綺麗。

新人公演の配役でも、しーちゃんの役なので、歌も歌うし、ここで結果出れば、上がってくるのかしら?

 

 

1回目は発見も色々とあり、楽しかったです。

次はもっとじっくり、観てこようとおもいます。