月組カンパニー・BADDY 初日観劇 

月組の初日を観てきました。

 

カンパニーは珍しく原作を読んでからの観劇。

でも、、、、どう考えたった、注目はショーの方でしょう(笑)。

 

上田久美子先生のショーデビュー作。

「BADDY」

 

一言、上田先生すごすぎです。

凡人には出来ない崩し方、世界観で、「やっぱり、天才だわ、この人」と思いました。

いつもは、お芝居の方から感想書くんですが、今回ばかりはショーの方から。

ってか、ショーの方に完全持って行かれてますしね・・・。

月組「BADDY」観劇感想

 

今回は今までにない、新しい形、全員が通しの役でストーリー仕立てのショー。

お芝居のアテガキで本領発揮する上田先生スタイルをショーにも取り入れた形なんですかね。

 

でも、これが大当たりだと思いました。

 

ショーだけど、みなハマり役で、似合う!!!

 

たまきちBADDYは超かっこいい

 

たまきちって、まっすぐな性格の役柄があっていて、悪役ってどうなのと思っていたんですが、、、すっごい似合ってる!!

ちょい悪、でも完全悪じゃない、ちょっと抜けてて、可愛さもあって憎めない悪役。

絶妙です。

これは、うえくみマジックじゃないかしら。

たまきちの新しい魅力を発掘したショーだと思います。

 

 

ちゃぴグッディは可愛さ爆発

 

かわいー。かわいー。ちゃぴ、かわいー。

ほんと、この一言。

今回は、ロケットガールしますが、キレキレです。

話は逸れますが、ロケットの場面は「怒り」がテーマ。でも、この怒りこそ生きてる証であると言うのですが、これをロケットに組み込むとは、すごい。。。

でも、ロケットは明るく軽やかに観たいので、ちょっと違和感はありますね(汗)。

 

あと、男役の群舞も最高にかっこいいんですが、ボルテージマックスのところで、大爆発、、、というのは、最後まで観たかった的な、中途半端な感情を持ちました。

なんというかゆっくり観たいよーと。ここはショーであり、お芝居要素を取り込んだ難しさですかね。

 

ちなみに、

群舞に、一人宇宙人が!!!!

 

これ、ツイッターでもスチールが話題のまゆぽん。

パンフを観た時、爆笑。

で、友達と「群舞どうすんだろねー」と話をしてたんですが、予想通りの白塗りのまんまキリッと踊ってらっしゃいました(笑)。すごい!!

 

 

みやちゃんは謎の人

 

性別も微妙にどっち??的な。抽象度の高いスイートハートなる人物。

これもみやちゃんしか無理でしょう。

色っぽいし、かっこいいし。

でも、ヤキモチ焼いたりして可愛い。

 

 

ありは可愛い王子様でした。拙い喋りが可愛いですが、ダンスはキレキレ。

わかばは王女様で、敵のバッディーズのトシちゃんと恋仲になってます。

 

トシちゃんもめっちゃかっこいい。

バディーズは全体かっこいいですね。地球側はお笑い要素たっぷりですが。

あ、れいこは地球側で、ポッキー巡査。気弱な可愛い役です。ちゃぴに憧れているんですが、王妃の館のずんちゃんのっぽい感じかな。

途中、スカート履いてましたけど、女装ですね(笑)。

あと、被りものしてるし。。。藤井先生のショーだっけ?と思う部分がありました。

 

 

あとは、キャストボイスでも言ってましたが、こんなパレード観たことない、かなり斬新に常識破りのラストでした。

 

エトワール、、、、なし??

階段降りは順々にしてますし、羽背負ってますが、トップが大階段で歌ってない?!

キレながら降りてくるって、、、斬新すぎます(驚)。

 

あと、シャンシャンがお立ち台の羽扇子??っぽいんですよ。

しかもたたむと煙付きのタバコになるっていうね(笑)。

冒険しすぎですよねー。

 

まぁ、ラストだけ型にはめるのはおかしいので、この流れの方が自然だなとは思いますが、さすがに度肝抜かれました。

 

ショーだけど、ストーリーがあるが故にテーマがしっかりとある。

楽しいだけじゃない、メッセージ性の強いのは上田先生ならではですね。

色々と考えさせられるショーです。

 

 

まだ荒削りな感じはするので、もっともっと作り込まれて行くのが楽しみだなと思います。通ってじっくりと観たいですね。