月組「カンパニー」観劇感想

今日は月組「カンパニー」観劇。

2回目です。

 

初日が良かったので、今日も楽しみに行ってきました。

 

今日は1階前方、どセンター。

見やすーい^^

初日はショーの印象が強すぎて、お芝居の印象残らず(汗)。

今回はちょっと意識して観ました。

 

で、

月組カンパニー観劇感想

ザ・凡作

 

ですね。

 

悪くはないけど、さほど良くもない、って感じです。

主題歌もそんなに耳に残らないし。

あ、暗転が多いのが、ちょっと気になりました。

 

珍しく原作を読んでから観劇したのですが、脚本家の石田先生のインタビュー通り、「原作」というより「原案」で別の話だと思います。

 

原作は40代のサラリーマンですが、ヅカ版は青年。

真面目な青年サラリーマンとうのは、たまきちは合っているとは思いますが、二番手が世界的バレエダンサーということで、主役が地味になりそうだなーと。

 

で、やっぱり、主役なのにちょっと微妙な立ち位置

悪くないけど、主役が地味ですね。

たまきち青柳よりも、みやちゃん高野の方が目立つと思います。

 

また、私はさほど気にはならないものの、友人はくらげ瀬川の華蘭に言うセリフや、リストラ問題などは、ヅカではちょっとなーと思うとのこと。

現実よりの話なので、生々しい感じは若干ありますね。

ヅカに夢を求めていたら、ちょっと違うと感じるのはしょうがないかも。

(まぁ、原作には瀬川のセリフないし、わざわざ付け加えなくてもなーと思う。)

 

楽しみにしていたフラッシュモブの場面は、あれは、フラッシュモブじゃないかな(汗)。

ダンスシーンとしては悪くないけど。

 

最後、れいこ那由多がわかば沙良を怪我させてしまって、精神的に踊れなくなるシーンが、「トイレにこもって泣いてる」というのが、コメディ風に観客に捉えられてるのは、ちょっと違うかも(汗)。

原作だと、自分の手で骨を折ってしまった感触に耐えきれず、吐き続けるという結構ハードな描写だったんですが、一言にしちゃってるもんだから、そりゃ笑いが起きるよなぁ、と。

時間がないとはいえ、原作読むと、これはいいのかな(汗)とも思います。

 

 

あれ、、、全然褒めてない。。^^;

 

駄作認定にならないのは、、、

 

・たまきちの役は地味というのを除けば全体的には悪くはないのと、みやちゃんはセクシーでかっこいい高野ははまり役。
・ありもちゃぴもダンサーで踊る場面が多いし、れいこやとしちゃんのアイドルグループはかっこいい。(後ろのポスター欲しい〜)

・わかばも美味しい役をもらってる。

・原作があるので、話が破綻してない。笑いポイントも多いですし、ハートフルな話なので、最後うるっとするところもある。

 

からかな。

寝ている人も多いようだけど(イビキかくのはやめて欲しいけど・・・)、グスっと泣いてる人もちらほらいるので、人によっては感動物で良作だと思います。

 

ま、一番は、BADDYが衝撃すぎて、カンパニーの評価もぶっ飛ばすからでしょうね。

印象に残らないから、駄作にもならない、という(笑)。

 

私は、、、カンパニーに普通のショーだったら、追加はしないかな・・・。

BADDY観たさに、あと2回観劇しますが、さらに追加もしたいな、と(笑)。

 

 

次回はヅカデビューの友人を連れての観劇です。

どうなるかなぁ・・・・。ドキドキです。