宙組「天は赤い河のほとり」初日 観劇感想

新生宙組。

真風涼帆&星風まどかのお披露目公演、観に行ってきました。

 

話題作だからか、チケット難ですね。

私は、子供の春休み&新学期で予定が合わず、今日と4月に1回、観劇は珍しく2回のみ。

 

 

天は赤い河のほとり 観劇感想

 

まずは、一言。

ビジュアル最高!!

 

真風カイル、かっこいいです。

王子、いい。

原作に忠実のイケメン王子。

 

まどかユーリは、かわいい。

ヒロインにしては垢抜けない感じはありますが、15歳の役なので、まぁこんな感じ??

髪型のせいかなー。

でも、原作には忠実だし、良いのではないでしょうか。

 

キキ(芹香斗亜)のラムセス

チャラい切れ者感があって、かっこよかったです。

でも、最初の方がよかったかな、後半少しキャラが薄れたような気がします。

もっとチャラさを出してほしい(笑)。

あと、キキは歌うまくなったなーと思いました。3人中では一番聞きやすかった。

 

愛ちゃん(愛月ひかる)の黒の王太子。

原作読んで似合いそうと思ったけど、ハマってました。

「誰?このかっこいい人」と思って観てたら、愛ちゃんだった。

かなり似合ってます。

 

 

ずんちゃん(桜木みなと)のザナンザは薄ピンクの衣装もあってか、可愛かったですね。

原作よりも少し弱々しいかな。殺されちゃうので、後半はいないのが残念。

 

カイルの仲間に、りく君、そら、もえこ、まきせ、きよもビジュアル良かったー。

出ている場面は多いので、目がもっとほしいです(笑)。

あと、マギー(星条海斗)のウルヒも美形神官にぴったり。

ただ、役としては、あんまり目立ってなかったですね。

 

個人的に、ユーリの従者のティト、ハディ、リュイ&シャラが良かった。

ティトの愛海ひかるくん、お芝居上手でした。

声もいいし、目立つ。

今回から宙組に来たみねりも、ハディ上手。

3姉妹で歌う場面、めちゃくちゃうまい。すごい声綺麗です。

双子のリュイ&シャラの水音志保と花宮沙羅も可愛かったです。(花宮沙羅は花の音くりちゃんににてますね)

 

 

ストーリーは駆け足

 

原作も読んだので、話は頭に入っているので、観やすかったです。

ただ、28冊を1時間半ですからね、予想通りかなり駆け足

 

キキがヒョコッと良いところで出て来過ぎだなー、とか(笑)。

ユーリとカイルの気持ちの深さや悩みを描いてないから、原作知っていると物足りない。

いつ好きになったんだろなーとか普通に思っちゃう。

 

なので、キャラクターに思い入れがあると、端折ったために、キャラが立たなくなっているので、ツッコミ入れたくなるかもしれません。

でも、まぁこれが限界かも。

 

あ、原作のカウルとラムセスの一騎打ちの場面はありました。

銀鏡で殴り合いあり。

真風&キキ、いいですねー。(近くで観たかったなー。。。。)

 

 

回想場面とかで、若手も役があってセリフのある見せ場あります。

全体的に割とみんな出てくるので、華やか。

衣装もいいし、ヅカの舞台向きじゃないかな。

 

 

 

オープニングと曲がかっこいい

 

曲すごいかっこいいです。

で、帰ってからパンフを見た旦那が一言。

「下村さんじゃん!!」

疎い私は、「知り合い?!」と思ってしまいましたが(笑)、下村陽子さんってゲーム音楽で有名な方なんですね。

そりゃ、かっこいいはずだわ。

旦那は「CD買おう。音楽聴きに舞台見に行きたい」と言っていました。

 

 

 

総じて、お披露目公演にふさわしいお芝居だと思います。

追加できるなら、追加したい。

 

 

長くなったので、ショーの感想はまた次にまとめます。