• 投稿 2018/04/05
  • 観劇

久々のムラ。

今日は、あーさ(朝美絢)バウを観て来ました。

 

 

義経妖狐無限桜のストーリーは・・・

 

谷高矢先生の前作、アイラブアインシュタイン。

映像でしか観ていませんが、衝撃的におもしろかった

「何これ、すごい!!!」

と感激したので、今回のあーさバウは期待しておりました。

 

ストーリーとして期待していたんです。

 

が、、、、、

 

うーん、、、、

色々と含みを持たせて、考えるべきこともあるように感じたんですが、

結局、うまく話がまとまらなかったように思いました。

 

「どんな話??」

と聞かれても、なんか、上手に話せないし(汗)。

話せば話すほど薄っぺらくなってしまうような・・・。

ストーリーとしては、よくわからない感じ。

なんか複雑に絡ませたけど、で、結局どうなるの??的な。

 

なんか、ミニシアターのお芝居っぽい雰囲気もありましたね。

 

感性に響くとわかるんでしょうか。。。

どうも、私は理解できませんでした。

 

 

作品としては、好き嫌いはすごい分かれそうな気がします。

 

 

キャラとビジュアルは最高

 

お芝居のストーリーは、悪くはないけど、浅いような深いような、よくわからない感じ

ただ、かなり皆キャラが立っていて、ビジュアルがすごいよかったです。

 

ヨシツネあーさは美しく、優しい。

文句なし、真ん中で、オペラが上がる上がる(笑)。

役がチャラっぽくないのも良いですね。

歌声も伸びやかでよかったです。

(今回はどセンター席だったので、観やすくて最高♪)

 

 

新しいと思ったのが、ひとこ(永久輝せあ)。

あーさの兄のヨリトモですが、最初オラオラ系かと思ったら、かわいい感じで。

ヒゲ似合っててかっこよかったです。

(まさおさんの信長を思い出してしょうがなかったですけどね・・・。)

あーさより、学年下ですが、お兄ちゃん感もあってとてもよかったです。

ただ、マイファミリーって歌がダサっ(汗)

 

頼朝の家臣達も、オラオラだったり、可愛かったり、いい味だしてました。

あと、嫁マサコのひまり(野々花ひまり)はたまに、武士の妻、的な感じはするものの、ほぼほぼヤンキー(笑)

 

 

おいしかったのは、まなはる(真那春人)ベンケイと、エイサイのあすくん(久城あす)

ベンケイのソロの歌も結構ありましたね。

エイサイは今回の一応黒幕。

なのでキーパーソンな役ですが、ビジュアルがるろ剣の武田観柳をもっと理系にした感じ(笑)。どぎついですが、これがいい感じでした。

悪者で出番も多いし、センター率高し。

あす君、だいぶいい扱いです。

 

あとは、、、ヤスヒラのちさとくん(縣千)

最初は体育会系の若もん風でしたが、黒いところもあったり、可愛いところもあったり、使い分けのお芝居も上手でした。

やはり注目株ですね。

 

 

 

あ、ヒロインの星南のぞみは、結構よかったです。

棒演技ではなかった。

本人比なので、学芸会っぽいっちゃ学芸会ですが。

(さすがに、新公でのずっこける感じは無くなってますね。)

人外の役で、可愛い感じなので、役的にもあってるのもあるかも。

 

ちなみに、山の精霊的なきつねの役、ツネ。

ヨシツネの嫁のシズカが、ヨシツネと分かれた後に助けたきつねで、シズカに懐いて、ヨシツネのことを知った的なことだったんですが、、、そこでヨシツネに恋するって流れがよくわからない・・・。

でもって、ヨシツネのツネに「一緒に行こう」的な部分は、実際は狐と人間・・??

ペットの狐連れてるイメージになっちゃって(笑)

ロマンス的にどうもイメージできなかったです。。。

まぁ、ここは演出の問題ですが。

 

あ、歌はがんばってましたね。

声は綺麗だし、声量があれば、もうちょっと良いのでは?と。

まだまだな部分も多いですが、可愛いし、そこそこ今後も使われるんでしょうね。

 

 

 

超チケ難ですから、1回観れただけでも十分なんですが。。。

数回観たら、感じか方も変わるんでしょうかね・・・?

 

ビジュアルを楽しむという面では間違いなく最高(笑)。

 

 

あーさはカーテンコールの挨拶で、手を狐の形にして、

「早いもので、公演も、コン(後)半に・・・」と言っていました(笑)。

 

「あ、うけた・・!!!」

 

と嬉しそうで、とても可愛かったです。