月組エリザベート 観劇感想(2回目)

今日も月組エリザベート、観てきました。

今日は珍しく子供を連れて。

 

キッズダンスセミナーがあったので、我が家以外にも子供連れはたくさんでした。

立ち見もすごい人でしたね。

完売してたのかな??

劇場外には「徹夜で並ばないでください」の張り紙もあるので、人気が伺えます。。。

 

今日は2階から全体を眺めました

 

今回は2階席の真ん中だったので、全体が見渡せます。

初日は1階で前方でオペラいらずなのは良かったですが、観たいところが演者の影に隠れたりもあったので、今回は全体を観るには最適の席です。

 

初日に観て、3日目ですが、既に良くなってるなーと思いました。

プロローグのたまきちトートの歌がトートっぽくダークな色気ももあり。

愛と死の論舞、最後のダンスも迫力があっていいなと。

 

お芝居で、たまきちトート、みやちゃんフランツのエリザベートへの愛の深さを感じ、切なく思いました。

みやちゃんフランツ、まだ歌は苦戦中で、消え入りそうな儚さですが、それはそれで、母親の言いなり皇帝という雰囲気は一番出てるかも知れないなと。

弱々しい、でもエリザベートへの愛は深い。

 

たまきちトートも、エリザベートを愛してる感はすごい伝わります。

エリザベートの愛を巡って、トートVSフランツの図が、今回のエリザは濃く出てる気がします。

 

でも、ちゃぴエリザは自分で独り立ちしてる感が強くて、誰も愛してない、、、。「自分しか愛せなくなった」とちゃぴはインタビューで言っているので、それはそのままなのでしょが・・・。

 

前回の宙エリザの時、みりおんシシィはトートと黄泉の国への旅立ちの際、不安な顔でトートにすがっていた感じが、ちゃぴシシィはやっと解放される、、、といった顔だったのが印象的です。

 

エリザベートはトート(死)を愛するというより、疲れたから死を受け入れたような気がしなくもないなーと思ったりも。

 

うーん、難しい。

でも、あれこれ、考える楽しさはありますが。

 

 

 

前回と違う目線で感想を。

 

前回書いてない役の感想を述べるとしたら、、、

お父さんのマックスにまゆぽん(輝月ゆうま)。

今までの専科さんが多かったですが、まゆぽんパパ、ハンサムでいいですね。

歌うまいし、貫禄もあるけど、素敵パパでいい感じでした。

 

革命家のれんこんくん(蓮つかさ)、春海ゆう、風間柚乃もいいですね。

れんこエルマー、軍服スタイルかっこいい。

おだちんも目に入る分、春海ゆうはかなり影が薄い。

パレードは3人で降りてきます。

 

マダム・ヴォルフの白雪さち花は歌上手いし、雰囲気あっていいですね。

天紫珠李マデレーネは、、、、ごつい。。。

花で、マイティがやってたし、「マデレーネ=体格が良い」が基本なんでしょうか??

可愛らしい方よくない??って思うんですけどねー。

みやちゃんフランツはかなり華奢なので、獲って食われそう(笑)。

 

 

次回は、役替わりB日程での観劇。

おだちんルドルフ、楽しみですー。