月組エリザベートB日程 風間柚乃ルドルフ

月組エリザーベート観劇。

チケットホルダーを買いました。

 

キティちゃん、かわいい^^

 

 

さて、本日はB日程。

風間柚乃ルドルフです。

 

エリザベート 3回目観劇感想

 

まずは、役替りのルドルフの感想。

 

おだちん(風間柚乃)ルドルフ、良い!!!

 

ぬくぬくと皇太子として育ったのではなく、愛情に飢えて、自分の実力と立場のミスマッチにもがいてる感じのルドルフ。

青二才が故え、父に反抗して革命派についた感じなのが、ストーリーとして私はすんなり入るなと思います。

 

若さゆえの弱さ、自分の欠けているものにもがき苦しみ、最後に母からも見捨てられた、そんなかわいそうなルドルフ。

「生きるあてもない、、、」も諦めた感じで切なく発してましたし、

鏡の間の場面でも、黒天使達に弄ばれてる感じも自然です。

 

苦しみもがくルドルフ。

 

ありルドルフはとは真逆(笑)

ありルドルフは、皇太子感はありますが、

悩むというより、野心というか、前向きな感じさえするんですよね。

 

私は、おだちんルドルフの方が好きです

また見たいと思いました。

 

 

歌もとっても上手でした。

綺麗な歌声〜。

 

ただ、闇が広がるの時に引きずられる感じがちょっとぎこちないけど、これは回数をこなしたらまた変わるかと。

 

前からお芝居上手と思っていましたが、本当に役者タイプですね。

次観るのもB日程なので、楽しみです。

 

 

さらによくなってるれいこ(月城かなと)ルキーニ

 

ますます良くなってるなーと思うのは、れいこルキーニ。

目力増してるし、凄み方、時折聞こえる舌打ち(笑)。

本来の上品さを残しつつ、狂気も入って、お芝居に惹きつけられます。

 

ストーリーテラーとして、少し外から、高いところから見下ろすような感じ。

斜に見てる、冷めた感じが、狂気へと変わるというか。。。

 

ミルクの場面の「在庫がないんだ!!」のセリフとか、切り捨てる感じも迫力あります

ね。

 

良いわー、もっと見たい!!

 

たまきち(珠城りょう)トートの白塗りは・・・・

 

今日は初見の友人と見たのですが、、、

たまきちの登場シーンでは、「白塗りにびっくりした・・・!!!」と

 

実は、私も初日は違和感で笑っちゃそう、と思ったんですが、、、私だけじゃなかったらしい(笑)。

 

さすがに3回目なので慣れましたが、最初は白塗りたまきちに、吹き出し注意な人はいるかもしれません。。。

 

たまきちトートは、やっぱり人間に近い存在ですね。

でも、その分、今回のエリザベートは共感できるというか、ストーリの流れがすんなり入ってくる感じがします。

わかりやすい、そんな感じ。

たまきちの歌も、お芝居のセリフとして聴きやすいから余計に感じるのかも。

 

 

もう、ちゃぴ(愛希れいか)が本当にのびのびしてるし、「それでいいや!」と言うのだけかも(笑)。

 

たまちゃぴで組んで初めの方は、ちゃぴがガンガンいって、たまきちが後からついてきてる感が強く、それがちゃぴが少し待ってくれるようになった(笑)けど、最後だし、自由にさせてもらいます、って感じ・・・。

 

まさに、エリザベート(笑)、ってことで、ちゃぴののびのび感はいいんだろうな。。。

 

 

エリザベート、次回は少し先になるのですが、、、またどう進歩するかな??

明日は、星組公演行ってきまーす。