雪組 ファントム観劇感想

雪組のファントム、観てきました!

 

今回は初日がマイ初日とはならず。

エリザの初日は行けたけど、ファントム全く手配できず・・・。

かなりチケ難公演ですね(汗)。

 

歌うまファントムは想像以上!!

 

だいもん(望海風斗)&まあや(真彩希帆)の、最高レベルの歌うまコンビでの海外ミュージカル。

ファントムを演るとなったら、そりゃあ、期待はしますよね。

 

で、一言。

 

想像以上によかったです。

 

歌も聞き惚れるのは当たり前ですが、お芝居も本当に素晴らしくて。

終わっても舞台の余韻に浸り、しばし時間を忘れます。

 

 

役がぴったりな今回のファントム

 

だいもんの演じるファントム、エリックはかなりハマり役ではないかと思います。

ダークながらも、純粋なところがある役は、だいもんにぴったり。

 

だいもんエリックは少年のまんまですね。

可愛くて、子供がそのまま大きくなった感じで嫌味がないと思いました。

クリスティーヌへの愛はまぁぶっちゃけマザコンなんだけど、それでも、その愛の純粋さに涙が出ます。

 

まあやクリスティーヌは、愛らしさ抜群でした。

お芝居をすると、可愛くなるまあや、今回も実力でマイナス面をねじ伏せてます(笑)。

でも、今回は本当によかった。

ツッコミどころなく、愛らしいクリスティーヌだし、天使の歌声に偽りなしだし。

まあやはしとやか可愛らしい娘役さんとはちょっと違うけど、演じる時は可愛らしい役の方が似合うような気がしますね。

 

 

トップ二人の愛の物語よりも、泣き所は父親キャリエールとの場面なんですが、、、

咲(彩風咲奈)ちゃんキャリエール、お歌よかったです。

銀橋での歌、すすり泣きがすごかったし。

私、結構感情が薄めなので(笑)、泣きそうってもじわっと涙でそう??位なんですが、、、結構涙腺にきました。

お芝居はまぁ、これからもっと深くなるといいんだけど、というのはあるけどね。

キャリエールは前半あまり登場しないし、まぁ、そこまで気にもなりませんが。

 

 

今回はAパターンで翔(彩凪翔)ちゃんがイケメンシャンドン伯爵。

イケメンさはOKだけど、やっぱり歌がちょっと、、、でしたね。

フィナーレでせりあがりはかなり厳しいので頑張ってほしいですね。

 

Bパターンでシャンドン伯爵のあーさ(朝美絢)は、今回は新支配人のアラン・ショレ。

頑張ってました、ガニ股のおじさま。

イケメンカラーを消し去ってたので、役としては良いですが、あーさファンは少し寂しいかも。私もBパターンを見たくなりましたしね(翔ちゃんはるろ剣で観柳してるし免疫はあるので・・・)

 

 

カルロッタのひめさん(舞咲りん)は、もっとかなり弾けるとかと思ったけど、個人的にはいつもよりも少し落ち着いた感じかもと思いました。

お歌も多いので、見せ場も多いので、お歌の負担が心配かな。

 

 

個人的には、従者が皆かっこよくて、よく目が行きましたね。

ダンスキレキレ。

贔屓なので、やっぱりちさとくん(縣千)に目が行くんだけど。

 

 

初演の映像を観た時、

クリスティーヌがエリックの顔を見て、叫んで逃げた時、めっちゃツッコミを感じましたが(汗)、、、今回は怯えたのではないんだろうな〜と。

終わってから、パンフのインタビューにも「顔ではなく、背負い続けたものの重さに怯えた」とありましたが、なるほど納得

目に見えるものではないものに、耐えられない、確かにそんな感じ。

だからこそ、よりお芝居が深く、印象づくんだろうな。

 

 

トップ二人の役がぴったりとはまり、ストレスなく観られることで、よりその世界観に入りこんでいけます。

 

月のエリザとはえらい違い(笑)。

これは、追加したい、何度でも観たいと相当思いました。

演目的には、エリザの方が好きだけど、今回の月エリザと雪ファントムなら、断然ファントムです。

もっと手配しておけば良かった〜〜!!!と思うと時すでに遅しですが(汗)。

 

 

残された観劇の機会、じっくりと楽しみたいと思います。