ファントムBパターン 観劇感想

ファントム観劇3回目。

 

今日からシャンドン伯爵があーさ(朝美絢)、

新支配人アラン・ショレが(彩凪翔)の役替わりBパターンです。

Bパターンの方ノンストレス(笑)。

 

予想通り、あーさシャンドンはイケメンでかつ歌よし。

トップ2人の歌が素晴らしく(さらにまだまだ伸びているという凄さ!)、キャリエールの咲ちゃん(彩風咲奈)も良くなっているのに、

翔ちゃんシャンドンのお歌だけ「・・・・・」という状態のAパータン(汗)。

 

Bパターンでは歌の心配がないだろうなとは思っておりましたが、

まぁ、予想通りです。

あーさの方が歌えるので、全体として歌のストレスがなく、さらに入り込めますね。

 

学年的にもあーさの方が下だし、

クリスティーヌとの並びが若いカップルっぽくて良かったです。

 

キラキライケメンだし。

 

 

イケオジの翔ちゃんショレ

 

で、翔ちゃんのショレはというと、、、、カッコいい!!!!

あーさのショレはイケメンを封印した感じで、ガニ股の3枚目、

ビジュアルはいじってないものの、お腹の出た中年をイメージさせるような役創りですが、翔ちゃんショレはヒゲの似合うイケオジでした。

存在感あって、いいですね。私はこっちの方が好きです。

 

あーさショレは、あーさを知ってるとインパクトは強いけど、カルロッタの尻に引かれた亭主感が強くて、カルロッタの影に隠れて、存在感としては薄くなるような気がします。

でも、翔ちゃんショレはイケメンなので、パッと見目立つんですよね。

歌は「うーん・・・」となるけど、翔ちゃんいい声だし(笑)。

 

 

Bパターンの方が、好きだなー。

でも、残念ながら、残るチケットはAパターンのみ(涙)。。。

 

 

すっかり、だいもんにハマってしまった。。。。

 

もともとちぎさん雪組が大好きで、

熱いちぎさん、かわいいゆうみちゃんに、色気のだいもん、と楽しんでおりましたが。。。

今回で、だいもんの色気にまたやられ、どっぷりとハマりそうな感じ(笑)。

 

まあやもね、じっくり観るには「オペラが上がらない、、、」って思ってたけど(汗)。

今回は「可愛い」と素直に思えるし、本当に何度でも観たいと思います。

 

観て幸せ、

観終わった瞬間からまた観たいと思える舞台は、なかなかないです。

時間も忘れて、2幕が本当に早いです。

 

演目が良いのもそうなんだけど、それをしっかりと作り上げている今回の雪組ファントムは本当に素晴らしい。

 

 

残りの観劇はムラ1回。

余りの素晴らしさに初めて東京の観劇も1回追加して、あと2回。

余すことなく、この世界観を楽しもうと思います。