月組バウ「アンナカレーニナ」観劇感想

先週は東京遠征で、今日は久々のムラ。

月組 みやちゃん(美弥るりか)主演のアンナカレーニナを観てきました。

 

劇場に入る前に、発券機に寄ったんですが、夕方は星組の新人公演ということに気づき、当日券取りたいなー、でも、子供預けられないし、、、と指を加えるという。。。

 

新人公演も随分ご無沙汰してるので、こちらも観たいなぁ〜。

 

でも、、、

今日は超絶チケ難公演。

観れるだけでもラッキーなのに、さらに前方席という良席。

 

ラッキー!!!

 

11時公演は、たまきち(珠城りょう)他、オンザトップ組がたくさん観劇に来てました。

 

 

アンナカレーニナ 観劇感想

 

一言で言うと、、、

 

麗しい!

 

宝塚らしい、見目麗しい世界観に酔いしれました。

いや、しびれたと。

 

幕間、近くにいた男性が「すっごい、いいな!!」と感想を言ってましたが、

「うんうん、本当にいいよね!!!」

と心で相槌を打つ(笑)。

 

予想以上に良かったです。

 

まず、並びが美しい

モテモテ、麗しいロシア軍人の美弥ちゃん。

美貌を持ちながら貞淑な妻に海乃美月。

表面は厳格だけれど愛情深い政府高官の夫にれいこ(月城かなと)。

 

この並び、大好き。

 

演目発表時は、キャラとしてどうかなぁと思ってましたが、かなりマッチしてましたね。

 

 

個別に感想を書くとすると、

みやちゃん、れいこの麗しさは、言わずもがな(笑)。

 

みやちゃんのウェービーヘアも色気たっぷり。

軍服の着こなしも素敵でした。

恋に燃え、堕ちて行く様も悩ましく、でも美しいのでうっとり。

そこまでみやファンではない私でも、ため息ものでした。

 

れいこは、物静かで、感情を表に出さないけれど、愛情深いカレーニナを好演してました。

れいこはクラシカルな役が似合いますね。

みやちゃんよりも学年は下だけど、しっかりと年上に見えました。

 

特によかったのは、アンナ役の海ですね。

綺麗!!!

お芝居も歌も、良い。

れいこという夫がいながら、みやちゃんに言い寄られるのもわかる!

↑これ重要。絶世の美女の説得力がないと想像しないといけないので・笑。

 

娘1にはなれずやめてしまうとしたら、、、勿体ない!!!

とずっと思いながら、観ておりました。

 

どうなるんでしょうねぇ。。。

 

 

あと、若手で注目はキティ役のきよら羽龍ですね。

初詣のポスターを観た時、

さくらとゆきちゃんを足して2で割った感じで、娘1としてはちょっと地味かもと。

今回抜擢ですが、よかったですね。

背は高めですが、顔が小さいので、スタイル良さそう。

お芝居も良かったですし、何より声が綺麗で歌うまです

 

最近、新公で上げられている娘役は、実力的に難がある子が多いのですが(汗)、

格段に安定感があります。

 

個人的には、

顔だけの子 < 実力が備わっているそこそこ可愛い

となるので、良い子が来たなと思いますね。

 

 

コンスタンチンのるね(夢奈瑠音)も、素朴で優しい青年もぴったり。

いい感じに別格ポジを固めて来てます。

 

 

 

これぞ、宝塚。

華やかで美しく、かつ、世界観を壊さない実力もちゃんとあるのが良いです。

 

オペラでガン見したくなる美しさと、

動き出した途端「あちゃー」とならない実力、

この両方がないと、厳しいよなぁと再確認(汗)。

(今、この両方がある組って、少ないもんね・・・。)

 

 

 

バウはチケ難で、さらに、オークション等でかなり高値。

全組観劇のライトファンな私からすると、正直

「定価なら観るけど、オークションの値段は出せないなぁ(価値的に微妙)」

と思うものもがほとんど。

あーさ、マイティ、ちゃぴバウも、、、作品としては定価が妥当かなと思いました。

 

でも、今回は、高額購入でも満足度高いと思います。

(私は高額は出さないけど・笑)

 

チケット手に入るなら、もう一度観たいですね。

ってか、次は千秋楽なのでないけど。

 

ほんと、なんでバウなんぞでやったのか。

別箱でも十分チケ難になったのになー。

今更すぎますけどね。

 

今からでもライビュ、手に入るのかしら??

追加できるなら、しようかなぁ。。。