花組「CASANOVA」観劇感想

昨日は花組「CASANOVA」を観てきました。

 

稀代のプレイボーイにみりおさんって、、、

麗しいに決まってる!!!

 

 

と、観る前からテンションアップ、です(笑)。

 

生田先生、初の2幕お芝居もの

 

演出家は生田先生。

生田先生のバウとか、別箱は結構好きです。

でも、ひかりふる路は、微妙だった印象。

歌はワイルドホーン氏なので、さすがに良いですが、お芝居としてはちょっと慌ただしいような感じで2幕にしたらよかったのはではと思いました。

 

今回は、初の初2幕お芝居。

しかも、またしても海外の有名作曲家が楽曲提供って、生田先生、劇団推し??

 

期待されてるんでしょうが・・・。

 

お芝居の中身としての感想は、、、

 

お話的には、そこまで面白くない、です(笑)。

 

華やかで宝塚らしい題材、素晴らしい楽曲、

ではあるものの、

ストーリーに深みはないかな。

 

話の内容は印象には残りません。

 

ぶっちゃけ、中身があんまりないので、

今回は1幕でよかったんじゃないの??と思います。

 

まぁ、喜歌劇だし、楽しいし、それでいいんじゃない??って感じですけどね。

キャラクターと華やかさは素晴らしいので、観ていて楽しいですし、宝塚を観た感は十分楽しめるので、及第点、かな。

 

小池先生のような、話も面白くって、キャラも立ってってお話の演出家の先生は、なかなか出ないもんですねぇ。。。

 

 

CASANOVA 観劇感想

 

ストーリーの中身はないですが、麗しさと華やかさは、最高。

 

ジャコモ・カサノバ (明日海りお)

 

みりおさんのカサノバ。

かっこいい、の一言です。

 

スーパーモテ男を難なくこなせる説得力のあるトップさんは、やっぱりみりおさんだよなぁ、、、。

(この設定をした生田先生は素晴らしい)

コメディなのもあって、可愛らしい感じのモテ男。

ここもみりおさんらしさがあって良いですね。

 

 

コンデュルメル(柚香光)

 

今回は黒づくめの衣装。

写真だけだと、ルパンのカリオストロとAll Fof Oneのベルナルド、みたいだなーと。

 

カサノバと敵対する高級貴族の役ですが、、、

歌だけじゃなく、セリフも今までで一番、厳しそう(汗)

 

アチア氏の歌は良いですが、難しいんでしょうね。

高い音も、低い音も苦しすぎる。

いつより、「がんばれー・・・!!!」感が増してます。

 

さらに、セリフも声を張り上げてる感がして、早々に喉潰すのでは??と心配になります。

 

毎回、カレーさんには「がんばれ」としか感想がないのは、如何なもんだとは思うのですが、、、それでも思わずにはいられない。

 

このままトップに上がるのなら。

さらに、(支えにもなりゃしないレベルの)華ちゃんと組むかもと思うと、

 

惨状しか思い浮かばない・・・(涙)。

 

 

ベアトリーチェ(仙名彩世)

 

ゆきちゃん、退団公演でやっと、かわいい役!!!

修道女を出たばかりということで、年齢的には結構若いんでしょうが、十分可愛いです。

 

髪型とかドレスのボリュームが良いんでしょうね。

お顔の形をカバーして、本来の可愛さが十分出てます。

 

早く、こんな風な役をさせてあげて欲しかった。。。。

楽しそうに演じてる雰囲気が、観ていて嬉しいです。

 

まぁ、その分、退団が残念でならないんですけどね。

 

 

みりおさんと、ゆきちゃんのデュエダンを観ると、切ないですね。

みりおさんの目が、何より優しい眼差しなのがいいんですよね。

相手に大事されてる感が何より大切なんじゃないかと思うんですけどね。

イレギュラートップと言えども、認めて、応援したくなるってもんなのに。

 

 

コンデュルメル夫人(鳳月杏)

 

ちなつさんは、カレーさんの奥さんで、黒魔術を使う、貴婦人の役。

むちゃくちゃ綺麗、セクシー!

歌も娘役歌唱で上手〜。

愛に飢え、こじらせた感が切なくて、一番感情を出していた役かなと思います。

場の雰囲気を引き締めて、さすがの存在感でした。

 

 

バルビ神父(水美舞斗)

 

みりおさんの相棒となる、ヒゲのいけてる神父(笑)。

コミカルな役だけど、やっぱりかっこいいですね。

 

 

ベアトリーチェの結婚相手候補、商人のコンスタンティーの瀬戸かずや。

あきらと言えば、ヒゲのイケオジが多いイメージですが、今回はちょっとフェミニンな出で立ちですね。

おとぼけな感じも多少あって、かわいい役だと思います。

ただ、あきらファンには「あのラストはない!!」と言われたので、、、不評なのかしら。。。

 

 

変わり種(?)は、しろきみちゃん(城妃美伶)の男装。

男装の麗人かと思ったら、単純にコスプレなので、胸もあるし、、、なんの意味があるのかなぁと。。。

男装スタイルめっちゃ似合うならまだしも、スタイル的にはドレスの方が良かったのでは??と思いましたし。

 

 

今回退団のべーちゃん(桜咲彩花)は、ベアトリーチェの付き人。

こちらは安定です。

ただ、1学年しか変わらないんだよな、、、と思ってしまうと、年齢設定に迷いが出てしまう並びです(笑)

 

同じく退団のじゅりあ姉さん(花野じゅりあ)は、コンデュルメルの元愛人で、カサノバの恋人役。

割と意地悪な役が多いイメージですが、、、今回は儚い美しい貴婦人。

めっちゃ綺麗!

二人と恋愛してきたというのも、納得の美しさでした。こんな綺麗だったのねーって感じ。

 

 

時期トップ娘役の華ちゃんは、、、大した役ではないですねぇ。

普通に可愛らしい役ですけど。

 

華ちゃんと言えば、、、新人公演はかなり不安ですね。

 

アチア氏の楽曲は良いです。

でも、難しいんでしょうね。歌も多いし。

 

トップお二人、ちなつさんはしっかりとこなしておりますが、、、

新人公演、どうなるんだろう?!

 

新公主演は、帆純まひろ、華優希。

歌下手苦手な二人なので、

いやぁ、椅子からずっこけないかしら??と思う。

 

コンデュルメルにほの(聖乃あすか)、コンデュルメル夫人にひっとん(舞空瞳)がくるので、支えてなんとか持たせる、、、そんな舞台になりそう。

 

 

CASANOVA観劇感想 まとめ

 

楽曲と衣装、花組のビジュアルに助けられて、そこそこまとまった感じの作品です。

面白い作品ではないですが、キャラクターの良さを引き出しているという面では、良い作品かな。

ビジュアルで、十分楽しめる、といった感じ。

 

フィナーレも良いですね。

群舞も最高にかっこいい。

フィナーレ、カレーさんも最高です。

前髪下ろした髪型、すっごいかっこいい!!

お芝居であれだけ、「おーーーーい」と思っても、フィナーレのかっこよさを見せられると、真ん中に立つのに納得のビジュアルだなとしみじみ思います。

 

だからこそ、惜しすぎるんですけどねー。。。

 

 

あ、あと音くりちゃんのエトは素晴らしい!!

音くりちゃん、2年くらい前はトップはないなぁって思ってましたけど、痩せて大人っぽさも出たら、いい感じなのになーと。。。

かなりの歌うま、踊れて、お芝居もできて、丸顔でも顔は小さいからスタイルも良いですし。。。。

もったいないなぁー。

今回は、コンデュルメル夫人の猫の役ですが、とってもかわいいです。

 

 

お芝居の感想と共に、次期を色々考えたりすると、まぁ、思うことはたくさんありますね。

ってか、月組のみやちゃんとかさ。

花組に短期でも落下傘すると思ってたのに・・・・。

 

 

人事ほど読めないものはないですねー。

 

 

 

明日はキキの別箱、行ってきます!!