月組「夢現無双」初日観劇感想

月組「夢現無双」を観てきました。

 

トップ娘役美園さくらのお披露目公演かつ、、、二番手のみやちゃん(美弥るりか)の退団公演(涙)。

 

今回は、珍しく、この初日しかチケットを確保しておりません。

 

いやぁ、、、、ぶっちゃけ、観る気が起きなくて。。。

月組には、ちゃぴ(愛希れいか)を観に行ってたんだ、、、と今更思いました(汗)。

 

また、今回、どう考えても面白くなさそうで。。。

宮本武蔵って、有名ですけど、なんかそそられるようなエピソードもないし。。。

だって、みやちゃん退団なのに、佐々木小次郎って。。。

 

考えなくても、微妙じゃなかろうか、、、と(汗)・

 

夢現無双の観劇感想

二番手退団なのに、何これ的な演目。

いや、観たら変わるかもの一縷の希望を持って観ましたが、、、

 

観劇の感想は、

 

「おもしろくない・・・・。」

 

 

やっぱりだけど、いまいちです。

超絶駄作でもないけど、、、いや、駄作、かも。。。。

 

 

盛り上がりにかけるし、ラストも曖昧

 

小次郎が敗れるのはわかってたけど、もっと工夫出来なかったのかしら。。。

あっさり切られて終わりってさぁ、、、、。

退団なんだしもうちょっとなんとかしようよってなるだろうに。

宝塚なんだから、そこは考慮して欲しかったなぁ。

 

ラスト、武蔵が、思い人のお通(さくら)を残し、一人旅立つのもなぁ。。。

お披露目なのに、ハッピーさのかけらもない。

 

一人で葛藤して、我が道を行き、さらば!!!

みたいな。

 

なんかトップ退団っぽいなぁ、、、とも思ったり。

 

 

さらにに致命的なのが、

武蔵のたまきちが似合ってない

 

似合ってないというより、役が作りこめてない、かな。

荒くれ者の武蔵ですが、、、全然荒くれてないんだもん。

たまきちの真面目で実直なイメージから離れられず、違和感ばかり目立って、たまきちの武蔵像が見えてきませんでした。

全然話に引き込まれない。

成長するって変化が感じられなくて、のっぺりとした話になってたのが残念

 

 

さらに、みやちゃん小次郎に至っては、ちょこちょこ出て台詞を行ってさっていく、、、というイメージで、ガツンとした一場面が少ない。

歌は少し、踊りなんて全然ないし・・・!!

極論したら、超目立つ通行人???という感じ・・・。

ここだけでも、退団なんだよ?!とツッコミを入れたくなる扱い。

 

 

れいこ(月城かなと)は、武蔵の幼馴染の又八。

ヘタレで、笑いは取ってたけど。。。

微妙?

役は良いけど、れいこがこの役かぁ、、、とちょっと残念と言うか。

3番手的にこういった役が回ってくるのは、イレギュラーではないんだけど、なんか今回はちょっと「なんでこの役??」的な感じです。。

 

 

話は破綻してないんだけど、メインの役がしっくりきてないのが、微妙に感じる原因かなと思いました。

 

 

幼馴染で、又八の許嫁、でも武蔵と両思いのお通は、トップ娘の美園さくら。

全体的に悪くないです。

お芝居も歌もできるし、声はややアニメ声っぽいけど、私はそんなに気にならないかな。

ただ、緊張してるのか、声を張り上げて歌ってる感じで、耳に付きましたね。

そんなに張り上げなくても・・・って場面が何回かありました。

そのうち、加減ができるようになるかな。

 

 

吉岡清十郎のありちゃん(暁千星)は、今回はちょっとセクシーな感じで。

割と似合ってていい感じ。

ただ、武蔵のことが好きで、清十郎が惚れる朱美に叶羽時なのは、微妙。

「いや、ぞっこんにならんやろ」

とツッコミをいれながらみるという(汗)。

お通を見て「きれいな人・・・」と武蔵を諦める説得力はまぁあるかもだけど。

 

あと、朱美の母親、お甲は白雪さち花。

れいこが許嫁のお通を捨てて結婚する相手ですが、、、まぁ、これも微妙よね。

さち花さん、美味しいところ持っていくよなー。。。。

 

この親子に綺麗どころの二人がぞっこんってのは、、、無理がある(汗)。

 

れいこに違和感があったのも、さち花さんに惚れてお通を捨てるってところからアウトだったのかも。。。

 

 

逆に(?)、海(海乃美月)の吉野太夫は説得力抜群。

さすがに雰囲気あり、存在感あり、綺麗。

 

 

今回から組長に就任した光月るうは、沢庵和尚。

キーマン的に結構出てます。

沢庵和尚は武蔵を教え、諭す人物ですが、たまきち武蔵が荒くれてないから、やりとり的に矛盾に思ったりして。

 

 

盛り上がりにかける面白い話でもない上に、演者が似合ってない。

致命的すぎる。

 

公演が進めば、変わるのかなぁと思う部分はありますが、、、、

今の時点でお芝居で見所はないし。

追加はないなぁー。

 

 

ショー「クルンテープ」の感想

 

お芝居が外れなら、ショーに期待!!!

って思うところですが、、、

 

ショーも、あんまりかな(汗)。

 

盛り上がりにかけると言うか。。。

 

 

みやちゃん他退団者の選別場面はありました。

銀橋渡りで歌い、そこから男役の群舞。

スーツにターバンで、金色の砂漠を思い出しましたが、一回観たからか、

ターバンの形(後ろで結んで裾が垂れてバンダナっぽい感じ)が違うからか、

そこまで違和感なかったかも。

スーツを腕まくりしてかっこよかったし。

 

みやちゃんまたせり上がってきて、そこに迎え入れられるって群舞。

 

ここはよかったな。

 

 

他に良いなって場面はちょこちょこありました。

 

ポールダンスの場面が印象的。

 

正装タキシードのれいことお嬢風ワンピのさくらのカップル、ゴールでの派手な衣装のセクシーカップルにありちゃんとたまきち。

カップルが入れ替わり、痴情のもつれを表したシーンですが、

ありちゃんの女役、意外な程綺麗でセクシー!!

ゴールドのホットパンツに網タイで美脚を出して、ガンガン踊ってるし、めちゃくちゃ綺麗でした。

 

こんな綺麗な彼女差し置いて、ミスマッチなおぼこい衣装のさくらの方にいくのは無理があるなぁ、、、とツッコミしつつ、

トップ二人をさしおき、、、れいこと、ありちゃんを交互に目で追ってしまう。。。

って人はかなり多かったと思う。

 

 

さくらがアイドル風な場面ありましたが、歌うまいけど、お芝居と同じく力加減が上手にできてない感じですね。

一生懸命なんですが、力が入りすぎちゃってるというか。

 

捌けて、次に登場するまゆぽん(輝月ゆうま)の方がインパクト大きい(笑)。

何センチあるんだろうつけまつげで、でもすっごい可愛いし、歌もうまいし。

全部、まゆぽんが持ってってましたね。

 

 

あと、タイのショーなのに、中詰がShall we dance。

なんでだろう??と思いつつ、耳馴染み良いのでいいんですけどね。

 

 

おだちん(風間柚乃)ワンシーン、歌ソロありました。

アンカレで注目のきよら羽龍もワンフレーズ歌ってましたが、ワンフレーズでもわかる歌うまさんで、楽しみだなーと。

歌要員で、蘭世恵翔も使われはじめた感じですね。

 

 

全体的に、すっごい楽しいーーー!!!ってショーでもなかったですが、

悪くはない感じ。

まぁ、、、、凡作かな。

 

観てるうちに感想は変わりますしね。

悪くはない、好みによる、ってところかも。