• 投稿 2019/05/02
  • 観劇
宙組 オーシャンズ 11 観劇感想 2回目

ゴールデンウィーク真ん中、今日は子連れでムラへ。

 

オーシャンズの2回目観劇です。

立ち見も完売で、すっごい人でした。

 

オーシャンズ11 観劇2回目

 

前回観劇より10日経過。

ちょっと硬いかなー、もっと良くなりそうな感じはするけど、と思ったのが前回。

やはり、良くなってますね。

 

特に、ベデディクトのずんちゃん(桜木みなと)が良かったなー。

頑張ってる感が少なくなって、存在感が出できてました。

 

法律すれすれで、危ない橋を渡りながらも、(一応)正攻法でのし上がったホテル王。

そう考えると、だいもんベネディクトのように「いやいや、裏で絶対アウトだろ!!」とつっこみ入れる感じなく(笑)、根性で這い上がった感もあるずんベネディクト。

悪さもあり、でも、真の極悪人でもない、ちょうど良い感じだと思います。

 

今回、かなり声きついと思いますが、歌も怒鳴り声も、良く響いてますね。

とてもいい感じなので、喉を壊さないで欲しいと願うばかり。。。

 

 

前回も思いましたが、りくくんバシャーは、ほんとにかっこいい

卒業公演という、最後のオーラなのかしら。。。

なんか、色気もあって、いい。

逆に(?)、あっきーのフランクはそこまでじゃないのが残念だけど・・・。

 

 

そらライナスは、お子様感は今回の役創りなのかな。

真風&キキのライナスは、がたい良くても中身はヘタレだったけど、今回は小柄でも中身はしっかりした感じのライナス。

前者のヘタレの方がいいなー。

そらライナスは、そのうち一人前の男になりそうな感じがするし(笑)。

 

 

 

オーシャンズはアドリブがたくさんあるのも楽しいですね。

ラスティ扮するジョンソン先生のアドリブ、

今日は

「ジョンソン117才。明治、大正、昭和、平成、令和、と5つの時代を〜」とボケてました。

手術の同意書が令和の文字が書かれた紙で、ベネディクトが「違うだろ!」と突っ込むと、裏返すと同意書になってるというオチつき(笑)。

毎日、よう考えるなぁ、と感心ですね。

 

キキライナスは色気もあり、適当さ、チャラさは一番かな。

真風ダニーは硬派で、爽やかで、詐欺師っぽくはなさそうだけど、キキはイカサマしてそう感がありますね(笑)。

 

今回もコメディ要素たっぷりだけど、真風さんのコメディをもっと見たいなぁと思ったり。メラコリみたいなやつ。スタンが最高に楽しかったので、あんなテンポの真風さんを見たいなーと、思ったりもしました。

 

 

フィナーレは、群舞好きです。

薄紫の衣装が色っぽくていい。

 

キキの登場が、大階段センターで目立ってますね。

前回のダヴィンチのフィナーレでも思ったけど、フィナーレでの扱い、キキはやたらと良いような。

 

デュエダンは、なんか結婚式みたいですね。

離婚の危機からやり直すってことなんでしょうかね。

 

 

105期 初舞台生ロケット

 

前回は書き忘れた初舞台ロケット。

 

元気、パワフル!!!

というのが印象ですね。

卒業式の時の掛け声に、「元気、105期!!」とかだったけど、まんま、本当に元気な感じの期だなと思いました。

 

パワフルでエネルギッシュなロケット。

 

105期は稀惺かずともいますが、他の子も綺麗で楽しみです。