宙組バウ「リッツホテルくらいに大きなダイヤモンド」観劇感想

観劇から少し経ってしまっておりますが、先日のバウの感想を。

 

花組の新人公演の前に宙組のバウ公演も観てきました。

当初、見る予定はなかったのですが、

観劇した友人から

「おもしろかった!」

と聞いたので、せっかくだしダブル観劇しようかなということで、行くことに。

 

リッツホテルくらいに大きなダイヤモンド 観劇感想

 

ポスターを見る限り、コメディなのかな〜と予備知識なしでの観劇。

原作がフィッツジェラルドというのは、直前に知りました。

 

うーん、癖ありそう??

 

ストーリーとしての感想は、テンポよく、サクサク進む感じ。

つっこみどころとかは色々あると思いますが、私は結構入り込めたと思います。

普通に面白かったです。

 

リピートするほどか、、、というのは好みですけどね。

後ろ向きに一回で十分ってよりは、前向きに楽しめた、そんな作品です。

 

 

今回バウ初主演の瑠風輝。

言わずもがな、長身でスタイルは良し!!

スーツが格好良かったです。

歌もうまいし、真ん中映えもしてきたんじゃないかなー。

 

才能も人望も溢れる大学生、パーシー。

陽キャですが、もえこのイメージはどちらかと陰・・・・。

悪くないですが、アメリカっぽいセリフ回しとかがちょっとわざとらしいというか、似合わないというか、少し不自然に聞こえる感じはありました。

いまいち振り切れてないのかな。

 

 

対して、パーシーの憧れる友人、黄金の帝国の跡取りのジョンに鷹翔千空

こちらはこじらせ陰キャがぴったり。

苦悩する感も色気が出てきてるし。

こってぃは、新公だと完コピになるので、オリジナルの役創りが見たくなりますが、、やっぱりとても上手

群盗の時の気弱な役もとても良かったし、今回のミステリアスな色気のある役もできるので、今後ますます楽しみですね。

 

 

ジョンの妹、キスミンを演じるのは夢白あやちゃん。

激かわでした。

やっばいくらい可愛かった。

 

あまり好きな方ではなかったけど、、、可愛くて可愛くて(笑)。

ディスニープリンセスのお姫様が出てきたと思うほど、華やかで可愛かったです。

(可愛いっていうの何回め??って思うけど、言ってします・笑)

 

隔離された世界で育った不思議なテンポもとてもよく、また、悩み苦しんできた葛藤の心情の辛さもとても伝わりました。

 

やっぱり存在感ある娘役さんだなと思いました。

衣装は今回のようなふわっとしたドレスは、細さが目立ちすぎずちょうど良いのかも。

 

 

帝国の召使い以外は、割と役がモブで・・・。

若手で役としてちょっと目立ったのは、亜音有星位かなー。

使った飛行士で、助けを呼びに行く勇者的存在の役、をしてました。

個人的にはなっつんが好きなので、もっと観たかったけど。

(歌えるまおゆうみたいで、好きなのです・笑)

 

 

全ツにしても、今回のバウにしても、今の宙組は安定した実力が良いですね。

現役も若手も、歌えてできる子が多いので、安心して観ていられます。

少し前のことを考えると、、、、時代の変化を感じますが(笑)。

 

若手もそのうちシャッフルで組み替えするかな。。。

組ごとの実力に、ばらつきが目立つような気がします。

特に星は若手は弱いよなー。トップが出来るとはいえ、下が弱すぎ。。。

まぁ、あってもまだ先でしょうが。。。

 

 

バウ公演、とても楽しかったです!